コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム子育て・教育妊娠・出産赤ちゃんが生まれたら
ホームライフイベント妊娠・出産赤ちゃんが生まれたら
ホーム組織別ナビこども未来課こども未来係赤ちゃんが生まれたら

赤ちゃんが生まれたら

赤ちゃんが生まれたら

出産おめでとうございます

出産後の必要な手続き

■出生届(主な戸籍の届出):生まれた日から14日以内に市民課へ提出しましょう。

【届出人】子どもの父または母
※届出人とは届出書の「届出人」欄に署名・押印する方です。

【届出地】父母の本籍地、父母の所在地、出生地で可能です。

【必要なもの】
□出生届(医師・助産師の証明のあるもの)
□父または母の印鑑
□母子健康手帳
□国民健康保険加入者は、健康保険証と世帯主名義の預金通帳(医療機関等に出産一時金の代理受領申請者は不要)

■出生連絡票:出生したら早目にこども未来課へ提出しましょう。
赤ちゃんが生まれたら、母子健康手帳にとじ込まれている「出生連絡票」にご記入のうえ、提出または投函してください。

出生のお祝いに育児用品をプレゼントいたします。

児童手当:出生から15日以内にこども未来課へ申請しましょう。

中学校卒業までのお子さんを養育している方を対象に児童手当を支給します。

【必要なもの】
□振込先口座(銀行名、支店名、口座番号)の分かる通帳・キャッシュカード等(請求者名義のもの)
□請求者の健康保険証
□請求者および配偶者のマイナンバー確認書類
□児童のマイナンバー確認書類(児童と別居の場合のみ)

子どもの医療費助成制度:お子さんの健康保険証ができたら健康福祉課で申請できます。

【必要なもの】
□お子さんの健康保険証
□印鑑

■妊産婦医療費助成制度:
妊産婦医療費助成制度の受給期間は出産の翌月の末日までです。健康福祉課で終期証明手続きを行います。

【必要なもの】
□妊産婦医療助成制度受給者証

チャイルドシート購入費用:出生届提出後にこども未来課にて申請できます。

【必要なもの】
□チャイルドシート購入したことが確認できる領収書
□振込先の口座番号がわかるもの

誕生祝金:第3子以降の出産で、戸籍の届出後にこども未来課で申請できます。
加茂市民で、3人目以降のお子さんをご出産、その後、引き続き加茂市にお住まいになる方が対象です。

こんにちは赤ちゃん訪問

出生後28日以内に、助産師が無料で1回訪問指導し、お子さんの体重測定や、産婦の乳房の状態をみたり、心配事の相談に応じます。
母子健康手帳に添付されている出生連絡票に希望を記入し、提出して下さい。新潟県内の里帰り先への訪問も可能です。県外へ里帰りの方へは加茂市へお戻りの際に訪問いたします。県外の里帰り先で訪問を希望する方は、こども未来課へご相談ください。

■産後ケア事業

出産後、自宅での生活が始まると、育児や母乳のことなど、想像とは違う現実に戸惑うことも多いです。日帰り、又は助産師等の家庭訪問により、産後の体調管理や育児サポート(授乳・沐浴・育児相談など)を受けることができる事業です。

対象:産後1年未満のお母さんと赤ちゃんで、産後の体調不良や育児不安等がある方

利用を希望される方は、加茂市役所こども未来課へご相談ください。

■予防接種

生後2か月から予防接種を受けることができます。指定委託医療機関に予約をしてからお受けください。
出生時に「予防接種手帳」と冊子「予防接種と子どもの健康」をお渡ししています。
詳しくは予防接種のページをご覧ください。

■健診など

乳児健康診査(3~4か月児)、離乳食講習会(4~5か月児)、育児学級(9~10か月児)、1歳6か月健康診査、2歳・2歳6か月健康診査、3歳児健康診査を行います。
いずれも会場は母子健康センターです。

乳児一般健康診査:県内の医療機関で無料で1回受けることができます。受診推奨月齢は6か月ごろです。1歳の誕生日の前日までに受診しましょう。出生届の際にお渡しした青い無料券を使用してください。(新潟大学医歯学総合病院は除きます)

 

 

 

子育てに関する相談

 

■子育て世代包括支援センター(加茂市役所こども未来課):保健師が対応いたします。

心配なことがあったらお気軽にこども未来課にご相談ください。
0256-52-0080(内線152)

乳幼児あそびの広場(子育て支援センター):保育士が常駐しています。
健康相談・身体計測の日やすくすく相談の日などがあります。保育士へ子育て相談をすることもできます。

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

こども未来課

電話:
0256-52-0080