コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム健康・福祉医療・保険成人の予防接種について
ホーム組織別ナビ健康福祉課健康づくり係成人の予防接種について

成人の予防接種について

予防接種とは、病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするためにワクチンを接種することをいいます。
予防接種は法律で種類や対象者、接種期間などが定められています。予防接種は適切な時期に受けましょう。

成人の予防接種に関するお知らせ

  • 新型コロナウイルスワクチン接種についてはこちら
  • 令和3年度インフルエンザ予防接種について
    令和3年度のインフルエンザ予防接種は10月1日からの実施です。
    予約期間や接種日等は医療機関によって異なりますので、各医療機関にお問い合わせください。
    満65歳以上の方は、個人負担金1,650円が必要です。
  • 風しん追加的対策について(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方)

成人の予防接種の種類

予防接種法に基づき、加茂市で実施する定期予防接種はすべて個別接種で行います(新型コロナウイルスワクチン接種を除く)。定期予防接種実施医療機関で相談・予約をしましょう。

  • 風しん追加的対策(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性)
    風しんは、平成30年に関東地方を中心に流行がみられ、患者の中心は30~50歳代の男性でした。昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は過去に公的な予防接種をする機会がない世代であり、そのため、国は今後の風しんの発生やまん延を防ぐため、抗体検査及び抗体のない方には予防接種を実施することとしました。
  • 令和3年度風しん追加的対策について
  • 高齢者の肺炎球菌
    肺炎球菌ワクチンは、平成26年10月1日から、予防接種法に基づく定期予防接種に加わりました。定期接種の対象者は年度毎に定められており、対象となる年度のみ、1人1回、接種費用の一部助成が受けられます。
  • 令和3年度高齢者の肺炎球菌ワクチン定期予防接種について
  • 高齢者のインフルエンザ
    予防接種法に基づき、毎年10月1日から翌年3月31日まで、満65歳以上または一定の基準を満たした60歳以上の方について、季節性のインフルエンザワクチンの定期予防接種を実施しています。

予防接種健康被害救済制度

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。定期の予防接種による健康被害が発生したと厚生労働大臣が認めた場合は、予防接種健康被害救済制度の給付を受けることができます。 給付申請の必要が生じた場合は、診察した医師、健康福祉課健康づくり係に係にご相談ください。

カテゴリー