コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる

予防接種

予防接種とは、病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするためにワクチンを接種することをいいます。
予防接種は法律で種類や対象者、接種期間などが定められています。予防接種は適切な時期に受けましょう。

予防接種に関するお知らせ

  • 新型コロナウイルスワクチン接種についてはこちら
  • インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願いについて
  • 今シーズンは、新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中でのインフルエンザワクチン接種となり、接種時期に関してご協力のお願いがあります。
    詳しくは、こちらの厚生労働省ホームページをご覧ください。
    季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(厚生労働省)
  • 令和2年度インフルエンザ予防接種について
  • 令和2年度のインフルエンザ予防接種は10月1日からの実施です。
    予約期間や接種日等は医療機関によって異なりますので、各医療機関にお問い合わせください。
  • 満65歳以上の方は、個人負担金1,650円が必要です。
  • 13歳未満の方は、接種1回について1,500円(2回まで)を助成します。
  • 新型コロナウイルス対策が気になる保護者の方へ
  • お子様の健康が気になるときだからこそ、予防接種は遅らせずに、予定どおり受けましょう。
    遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省)
  • ロタウイルスワクチンが定期予防接種に加わります
  • 令和2年10月1日から、令和2年8月1日以降に生まれたお子さんを対象にロタウイルスワクチンが定期予防接種として受けられます。
  • 風しんの届出数が増加しています
  • 風しんに注意しましょう!(新潟県)
  • 新潟県風しん抗体検査事業(新潟県)
  • 風しん予防接種費用助成(妊娠を希望する女性、妊婦、周囲に妊婦がいる方)
  • 風しん追加的対策(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方)

子どもの予防接種

予防接種法に基づき、加茂市で実施する定期予防接種はすべて個別接種で行います。加茂市個別予防接種委託医療機関で相談・予約をしましょう。対象年齢外での任意接種は有料となりますので、ご注意ください。任意接種の料金は医療機関ごとによって異なります。詳しくは各医療機関にご確認ください。

加茂市定期予防接種委託医療機関一覧

予防接種の受け方

生後2か月から予防接種を受けることができます。指定委託医療機関に予約をしてからお受けください。
出生時、または転入時に「予防接種手帳」と冊子「予防接種と子どもの健康」をお渡ししています。
※冊子「予防接種と子どもの健康」は予防接種を受ける前に読みましょう。予防接種はその必要性や効果、副反応について理解したうえでお受けください。

予防接種に行くときの持ち物

  • 母子健康手帳
  • 予防接種手帳の中の予診票(事前にご記入ください)

【保護者(父または母)以外の方が同伴して接種する場合】
委任状に必要事項を記入し、医療機関へ提出してください。
委任状は予防接種手帳に綴ってありますが、不足する場合は健康課の窓口にお越しいただくか、用紙をダウンロードし印刷してお使いください。
委任状(PDF)

【市外で定期予防接種を受ける場合】
市外でも新潟県と契約している医療機関であれば定期予防接種を受けることができます。事前に加茂市民の方が定期として接種を受けられるか医療機関にご確認ください。

【県外で定期予防接種を受ける場合】
里帰り等で県外での定期予防接種を希望する方は、事前に手続き(依頼状)が必要です。手続きには2週間程度お時間をいただく場合がございます。
健康課衛生係までお問い合わせください。

定期予防接種の種類

キャプション
種別 対象年齢 接種回数
ロタウイルス ロタリックス 出生6週0日後から出生24週0日後
(標準的な接種開始年齢は生後2か月です)
2回
ロタテック 出生6週0日後から出生32週0日後
(標準的な接種開始年齢は生後2か月です)
3回
B型肝炎 生後2か月~1歳未満 3回
ヒブ感染症 生後2か月~5歳未満 ※接種開始年齢によって接種回数が異なります。
・生後2か月~6か月の場合:4回
・生後7か月~11か月の場合:3回
・1歳~1歳11か月の場合:2回
・2歳~5歳未満の場合:1回
小児の肺炎球菌感染症 生後2か月~5歳未満 ※接種開始年齢によって接種回数が異なります。
・生後2か月~6か月の場合:4回
・生後7か月~11か月の場合:3回
・1歳~1歳11か月の場合:2回
・2歳~5歳未満の場合:1回
四種混合
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
・ポリオ
生後3か月~7歳6か月未満

・1期初回
生後3か月~1歳未満
・1期追加
1期初回の3回目終了後
12か月~18か月の間隔をおく


・1期初回:3回

・1期追加:1回

 
結核(BCG) 1歳未満 1回
麻しん風しん混合 ・1期
1歳~2歳未満
・2期
年長児
・1期:1回

・2期:1回
 
水痘(水ぼうそう) 1歳~3歳未満

・1回目
1歳未満
・2回目
1回目終了後
6か月~12か月の間隔をおく
2回
日本脳炎<1期> 生後6か月~7歳6か月未満

・1期初回
生後6か月以降
・1期追加
1期初回の2回目終了後
6か月以上の間隔をおく


・1期初回:2回

・1期追加:1回

 
日本脳炎<2期> 9歳~13歳未満
※経過措置あり
1回
二種混合
・ジフテリア
・破傷風
11歳~13歳未満 1回

日本脳炎2期の特例措置について

過去に公的な予防接種をする機会がなかった世代に対する特例措置として、日本脳炎2期が終了していない方を対象に未接種分が無料で受けられるようになりました。
対象者のうち、高校3年生相当になる方に個人通知をお送りしていますが、20歳の誕生日の前日までは、年齢に関係なく定期予防接種を受けることができます。

  • 対象者
    平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方で20歳の誕生日の前日まで

積極的な接種勧奨を控えている定期接種

キャプション
種別 対象年齢 接種回数
ヒトパピローマウイルス
(子宮頸がん)
小学校6年生~高校1年生 3回

※平成25年6月から、積極的な接種勧奨を差し控えています。

加茂市ヒトパピローマウイルスワクチン定期予防接種委託医療機関一覧

成人の予防接種

予防接種法に基づき、加茂市で実施する定期予防接種はすべて個別接種で行います。加茂市個別予防接種委託医療機関で相談・予約をしましょう。

  • 風しん追加的対策(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性)
    風しんは、平成30年に関東地方を中心に流行がみられ、患者の中心は30~50歳代の男性でした。昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は過去に公的な予防接種をする機会がない世代であり、そのため、国は今後の風しんの発生やまん延を防ぐため、抗体検査及び抗体のない方には予防接種を実施することとしました。
  • 令和2年度風しん追加的対策について
  • 高齢者の肺炎球菌
    肺炎球菌ワクチンは、平成26年10月1日から、予防接種法に基づく定期予防接種に加わりました。定期接種の対象者は年度毎に定められており、対象となる年度のみ、1人1回、接種費用の一部助成が受けられます。
  • 令和2年度高齢者の肺炎球菌ワクチン定期予防接種について
  • 高齢者のインフルエンザ
    予防接種法に基づき、毎年10月1日から翌年3月31日まで、満65歳以上または一定の基準を満たした60歳以上の方について、季節性のインフルエンザワクチンの定期予防接種を実施しています。

予防接種健康被害救済制度

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。定期の予防接種による健康被害が発生したと厚生労働大臣が認めた場合は、予防接種健康被害救済制度の給付を受けることができます。 給付申請の必要が生じた場合は、診察した医師、健康課衛生係にご相談ください。

予防接種費用助成

  • 子どものインフルエンザワクチン接種助成(13歳未満のお子さん)
    毎年10月1日から翌年3月31日まで、13歳未満のお子さんを対象に、季節性のインフルエンザワクチンの接種費用を助成しています。
    毎年度、1回につき1,500円(1人のお子さんにつき2回まで)の助成が受けられます。
    接種を受け付ける年齢や接種料金は医療機関によって異なりますので、必ず予約の際にご確認ください。
  • 風しん予防接種費用助成(妊娠を希望する女性、妊婦、周囲に妊婦がいる方)
    風しんに対する免疫が不十分な妊娠初期の女性が感染すると、おなかの中の赤ちゃんにも感染し、赤ちゃんに障がいを起こす「先天性風しん症候群」にかかることがあります。
    「先天性風しん症候群」の予防には、妊娠を希望する妊娠前の女性や、免疫を持たない妊婦の周辺の方等が風しんを予防していくことが大切です。
  • 令和2年度風しん追加的対策について

カテゴリー