コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム子育て・教育子育て健診・教室・予防接種ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(HPVワクチン)任意接種費用助成
ホームライフイベント子育て健診・教室・予防接種ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(HPVワクチン)任意接種費用助成

ヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(HPVワクチン)任意接種費用助成

平成25年6月から令和3年11月までの間に積極的な勧奨を差し控えていたヒトパピローマウイルス感染症ワクチン(HPVワクチン)について、定期接種の機会を逃し自費で予防接種を受けた際の自己負担額分を全額助成します。領収書がなくても申請を受け付けることができますので、まずはご相談ください。

HPVワクチン任意接種費用助成について

対象者

次の①または②に該当する方で、令和4年4月1日時点※の住所が加茂市内にある方
※令和4年4月1日時点の住所が加茂市外の方は、その時点で住んでいた住所地の自治体へ申請してください。自治体によっては助成内容や申請の受付の有無が異なる場合があります。

①以下のすべてに該当する平成9年4月2日~平成17年4月1日までの間に生まれた女性

  • 定期接種対象期間内に3回接種が完了していない者
  • 定期接種対象期間を超えて令和3年度末までに日本国内の医療機関でHPVワクチンの接種受けて実費負担をした者
  • 償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない者

②令和4年4月1日以降に、キャッチアップ接種を受けられることを知らずに自費で接種した平成9年4月2日以降生まれの方

対象となるワクチンの種類

  • 組換え沈降2価HPVワクチン(サーバリックス)
  • 組換え沈降4価HPVワクチン(ガーダシル)

助成額

接種費用の全額 ※初診料、文書料等は対象外
ただし、領収書を紛失した場合は新潟県広域的個別予防接種委託契約単価に基づき接種1回あたり16,066円を助成

助成期間

令和4年4月1日~令和5年3月31日

手続きに必要なもの

※1…証明書は「医療機関の任意の様式」または「接種証明書【様式第2号】(PDF)
※2…領収書が残っていない場合は基準額を上限に交付額を決定します

カテゴリー