コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム組織別ナビ建設課加茂山公園
ホーム観光・文化加茂山公園加茂山公園

加茂山公園

加茂駅から徒歩5分、市街地に隣接する15.35ヘクタールの都市公園です。
その名のとおり加茂山に広がる公園で、すぐ隣の街の雑踏が聞こえない空間をつくりだしています。

yukitsubaki3.pngike1.pngkamoyama2.png

平日の日中は、神池の噴水の水音、杉木立に響く鳥のさえずり、そして自分の踏む敷砂利の音が響く静かなところです。
公園内にある野外彫刻を鑑賞したり、散策を楽しみませんか。

ike2.pngevent3.pngevent2.png

四季それぞれに、表情を変える魅力あふれる公園です。

kahi.pngikekouyou1.pngakariba.jpg

加茂山公園を中心に、さまざまなイベントも行われています。
加茂山公園に遊びに来ませんか。

加茂山の見どころや遊ぶところ、彫刻を配置した場所などが書かれている、イラストマップをご覧ください。

kamoyamamap.jpg  
加茂山公園 イラストマップ(PDF)             

リス園

【お知らせ】

  新潟県の特別警報が9月16日24時をもって、警報へ移行することから、9月17日金曜日から再開します。

入園無料

小さな森の人気者シマリスが、お友達が来るのを待っています。

risu1.png  risu2.png  risu3.png

毎年多くの人たちで賑わうリス園には、園内をかけまわり手のひらのひまわりのタネをほおばるシマリスがいっぱい。小さな子どもたちからおとなまでみんなの人気者です。放し飼いにされているから触れることもできます。

リス園(加茂山公園内)

大型スライダー

slider1.png   slider2.png
全長 150m、標高差 32mのローラー式滑り台。緑の中を滑り降りるのは爽快。

雪椿園

雪椿のまち・加茂 加茂山公園は日本一の雪椿群生地

yukitsubaki1.png   kamoyama1.png   yukitsubaki1.png

雪椿園にはユキツバキが約100種、1300本も植えられています。また、園内にはサクラもあるため、4月はユキツバキとサクラの両方が楽しめます。

ユキツバキ

豪雪地帯に咲くツバキが一般的なツバキと別種のものだとわかったのは昭和20年代のこと。そこで、この降雪地帯に咲くツバキをユキツバキとし、その他のツバキをヤブツバキと呼ぶようになりました。ツバキは昔から園芸観賞用として親しまれてきたので、現在ではさまざまな園芸種があります。

積もった雪の下で耐えるユキツバキは、粘り強い県民性の象徴として昭和41年に「新潟県の木」に指定されました。また、加茂山公園に多く自生していることから「加茂市の花」にも指定されています。

池の端

噴水やカメ、錦鯉を眺めながら語らうもよし、静かに憩うにも最適
ikekouyou2.png   ikekouyou1.png   ike1.png

加茂山には4つの池が上から下へと連なってあり、そこを通称「池の端」といいます。池には東屋、八つ橋、せせらぎ、水車などがあり、それぞれの趣の異なった池になっています。
新緑の季節には、鮮やかな緑が池に映え、紅葉の季節には、訪れる人のためにモミジが色鮮やかなじゅうたんを敷いてくれます。
池全体は和風のイメージで統一されているため、池の端には和服が良く似合います。毎年春に催される市民茶会は加茂山公園を会場に開かれます。

●鯉のエサやりについて
 冬季~五月末までの間、鯉にエサをあげないでください。
 水温が低い時期に餌やりを行うとコイが消化不良を起こし、内臓障がいの病気の原因になる可能性があるためです。

彫刻の森

全国から公募された彫刻16点を展示

choukoku1.png  choukoku2.png  choukoku3.png  choukoku4.png

平成3年に、公園内に置かれた16点の彫刻。
野外に設置された作品は、四季折々、ふと目にとまったときの時間や天気、そのときの雰囲気により、いろいろな表情で迎えてくれます。
春にはユキツバキやサクラの花の中に浮き立ち、新緑の季節には鮮やかな緑の中にたたずむ作品は、加茂山公園そのものの一部となっています。
作品は石あり、ブロンズあり、ステンレスありと素材もさまざま。

加茂山の彫刻(PDF)

この他に紅葉谷や遊具などがあります。

問い合わせ

建設課(TEL:0256-52-0080)
加茂山管理事務所(TEL:0256-53-2491)
加茂山リス園(TEL:0256-53-3698)    

カテゴリー