コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム子育て・教育妊娠・出産特定不妊治療
ホーム健康・福祉医療・保険特定不妊治療

特定不妊治療

特定不妊治療助成事業について

加茂市では、特定不妊治療費(不妊治療のうち体外受精及び顕微授精)に要する費用について助成を行っています。年齢による上限はありません。新潟県に対し「新潟県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」を申請し、助成の決定を受けた治療についても助成対象です。

加茂市特定不妊治療支援のご案内

加茂市不妊治療助成事業実施要綱

助成の対象となる治療

新潟県知事が指定した医療機関で行う体外受精および顕微授精が対象です。新潟県知事が指定した医療機関については、新潟県ホームページをご覧ください。
※保険適用外の治療費のみが対象です。保険適用分の治療費、入院費、食事料、文書料、消費税等は対象外です。

新潟県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業のご案内(新潟県ホームページ)

助成対象

特定不妊治療を受けた夫婦(事実婚を除く)で、次のすべてに該当する方

  1. 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に診断された方
  2. 夫または妻のいずれか一方または両方が加茂市内に住民票がある方

助成額

1年度あたり上限10万円
「新潟県不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業」の助成決定を受けた治療についても対象となりますので、市の支援事業に申請する前に、ご自身が県の支援事業の対象者として該当するかご確認ください。県の支援事業による助成を受けた方については、治療に要した額から県の助成額を控除した額を助成します。

助成額.png

助成回数

1年度につき1回まで

申請手続き

<県と市の両方の支援事業を申請する場合>

  1. 治療の終了
  2. 県に助成申請(市への申請時に必要な書類はコピーしてください)
  3. 県から助成決定通知が届く
  4. 市に助成申請

<市の支援事業のみ申請する場合>

  1. 治療の終了
  2. 市に助成申請

※県の支援事業の対象者として該当するかはご自身で必ず確認してください。
※年齢制限等で新潟県の支援事業の対象とならない方が、加茂市の支援事業のみ申請となります。

手続きに必要なもの

  • 不妊治療助成事業補助金申請書
  • 不妊治療助成事業受診等証明書新潟県の支援事業と併用しない方
  • 新潟県に提出した医師による証明書の写し(新潟県の支援事業の助成を受けた方
  • 新潟県の助成決定通知書の写し(新潟県の支援事業の助成を受けた方
  • 証明書に記載されている金額分の領収書の写し
  • 振込先口座の分かる通帳・キャッシュカード等の写し
  • 認印

カテゴリー

お問い合わせ

こども未来課

電話:
0256-52-0080