コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム記事負担限度額認定申請について

負担限度額認定申請について

介護保険負担限度額の認定とは

介護保険施設に入所(滞在)すると、介護サービス費用の利用者負担分を支払う他に居住費(滞在費)・食費を支払うことになります。居住費(滞在費)・食費の具体的水準については、利用者と施設との契約によることが原則になりますが、所得の低い人については負担の上限額(負担限度額)が定められ、一般の人に比べると負担が軽減されます。負担限度額については、利用者負担段階ごとに定められています。

令和3年8月からの認定要件等の変更について

令和3年8月より対象となる人の要件や費用負担額が変更となりました。変更後の要件や費用負担額については、「介護保険施設における食費・居住費と高額介護-ビス費の負担限度額」をご覧ください。

申請方法

対象者要件に該当すると思われる方は、介護保険負担限度額認定申請書に必要事項を記入のうえ、必要書類を添付して、加茂市介護・看護支援センターに提出します。

必要書類

  1. 介護保険負担限度額認定申請書
  2. 本人及び配偶者が有する資産の金額がわかるもの
    預貯金等の内容、確認方法については、「介護施設における負担限度額が変わります」をご覧ください。

虚偽の申告と思われる場合は、加茂市が金融機関等に調査をすることがあります。また、虚偽の申請により、不正に負担限度額認定を受け、居住(滞在)費・食費の軽減を受けた場合には、介護保険法第22条第1項の規定に基づき、軽減された額及び最大で2倍の加算金を変換して頂くことがあります。

認定結果通知

処理後に郵送します。

カテゴリー

地図