コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム市政情報選挙投票不在者投票

不在者投票

不在者投票の期間

選挙期日の公(告)示日の翌日から選挙期日の前日まで

不在者投票と期日前投票の関係

従来は当方日当日以外の日に投票をする際は不在者投票により投票が可能でしたが、現在は特殊な場合のみ不在者投票となり、投票日当日に以前に投票所で投票を行う場合は、期日前投票による投票となります。ただし、選挙期日に18歳を迎えるものの期日前投票を行う日に17歳の場合は、不在者投票の手続きとなります。

出張中など遠隔地での不在者投票

出張などの理由により、選挙人名簿登録地で投票が行えない場合、不在者投票により投票できます。

手順は以下のとおりです。

1 加茂市選挙管理委員会(以下「加茂市選管」)に不在者投票請求書を送付する。

※不在者投票請求書は、市のホームページからダウンロード可能です。また、こちらから郵送することも可能です。

2 加茂市選管が請求書を受領したら、投票用紙・不在者投票用封筒2種・不在者投票証明書を請求者に郵送する。

3 郵送された投票用紙等を持参し、最寄りの選挙管理委員会にて投票を行う。

4 当該選挙管理委員会から加茂市選管に記入済みの投票用紙が送付される。

不在者投票請求書兼宣誓書.pdf (PDF 48.4KB)

不在者投票請求書兼宣誓書 記入例.pdf (PDF 169KB)

病院等指定施設での不在者投票

入院中などの理由により投票所に行けない場合でも、病院や高齢者入居施設などで不在者投票ができる場合があります。

不在者投票可能と指定されている施設か否かを含め、詳細は施設にお問い合わせください。

郵便等による不在者投票(郵便投票)

身体に重度の障がいがあり投票所にけない方で下記要件に該当する方は、郵便による不在者投票が可能です。なお、投票のために郵便等投票証明書の発行が必要になりますので、手続き等に関する詳細は選挙管理委員会までお問い合わせください。

 

身体障害者手帳をお持ちの方

キャプション
障害の内容 障害の程度
両下肢または体幹の障害または移動機能の障害 1級又は2級
心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸又は小腸の障害 1級又は3級
免疫若しくは肝臓の障害 1級から3級

戦傷病者手帳をお持ちの方

キャプション
障害の内容 障害の程度
両下肢または体幹の障害 特別項症から第二項症まで
内蔵機能の障害 特別項症から第三項症まで

介護保険の被保険者証をお持ちの方

キャプション
要介護状態区分     要介護5                        

 

また、郵便投票の該当者で自筆できない方のうち、以下の要件に該当する方は、代理人から投票用紙等に記入してもらい投票する「代理記載制度」を利用することができます。

※あらかじめ選挙管理委員会に代理記載人となる方(選挙権を有する方に限る)を届け出ておく必要がありますので、ご注意ください。

身体障害者手帳をお持ちの方

キャプション
障害の内容 障害の程度
上肢又は視覚の障害 1級

戦傷病者手帳をお持ちの方

キャプション
障害の内容 障害の程度
上肢又は視覚の障害 特別項症から第二項症まで

 

カテゴリー