コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム子育て・教育学校・教育感染症について
ホーム市政情報教育委員会手続き感染症について
ホームライフイベント学校・教育感染症について

感染症について

お子さんが学校保健安全法施行規則第18条にある「学校において予防すべき感染症」にかかった、又はかかった疑いがある場合、出席停止となります。

「学校において予防すべき感染症」には以下の3種類があり、出席停止の期間はそれぞれ異なります。

第1種感染症

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールグルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(ただし、病原体がSARSコロナウィルスであるものに限る)、及び鳥インフルエンザ(インフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスで、血清亜型がH5N1に限る)
これらは、治癒するまで出席停止となります。

第2種学校感染症

児童生徒がかかりやすく、学校で流行を広げる可能性が高い病気

キャプション
病名 出席停止期間 おもな症状
インフルエンザ
(ただし、鳥インフルエンザH5N1は除く)
発熱した後5日経過し、かつ、解熱した後、2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで 発熱、頭痛、腰痛、全身倦怠感、鼻づまり、くしゃみ、たん
百日咳 特有の咳が消失するまで はじめは軽い咳、のどの発赤がみられる。発病後1週間くらいからコンコンという咳が出る。
麻疹(はしか) 発疹を伴う発熱が解熱した後3日を経過するまで 発熱、咳、鼻水、めやに。ほほの内側に白い斑点コブリック斑ができる。発熱後4日目より皮膚に発疹。
流行性耳下腺熱(おたふくかぜ) 耳下腺の腫脹が消失するまで 37~38℃の発熱。まず片側、ついで両側のあごの後ろが大きくはれて痛む。食欲不振。
風疹(3日はしか) 発疹が消失するまで 発熱、発疹、耳の後ろ、首、わきの下などが腫れる。のどや結膜が充血する。
水痘(水ぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで 水ほうのある発疹が体中に次々と出る。かさぶたとなり、先に出たものから治る。
咽頭結膜炎(プール熱) 主要症状が消退した後、2日を経過するまで 発熱、のどの痛み、結膜炎、首のリンパ節の腫れ。
結核 症状により学校医、その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで 初期は自覚症状なし。X線で発見されることが多い。疲労感、寝汗、微熱、体重減少、咳、たん、肩こり。
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医、その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで 発熱、頭痛、意識障がい、嘔吐。

第3種学校感染症

学校教育活動を通じて、学校において流行を広げる可能性がある病気。

キャプション
病名 出席停止期間 おもな症状
流行性角結膜炎 症状により、学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで 涙がよく出る。めやに、異物が入っている感じ。結膜の充血
急性出血性結膜炎 ひどい充血。出血してくる。
腸管出血性
大腸菌感染症
激しい腹痛で始まり、数時間後に水様性の下痢を起こす。嘔吐、吐気がある。
その他の感染症 (その他の感染症の例)
溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎、感染性胃腸炎、手足口病など

登校許可証明書について

症状が改善または治癒し、医師から登校してもよいと認めらた場合、医師から証明してもらった「登校許可証明書」または医師が発行する「登校許可証明書」を学校に提出していただきます。

登校許可証明書を印刷する場合はこちらから。
登校許可証明書 (PDF 104KB)

なお、「登校許可証明書」は学校に直接取りに行くか、学校のHPからも入手することができます。

カテゴリー