コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム組織別ナビ加茂市介護・看護支援センター介護保険高額介護サービス費の算定誤りについて

高額介護サービス費の算定誤りについて

 介護保険には、介護保険サービスを利用したひと月に支払った利用者自己負担額の合計が一定の上限額を超えたときに、その超えた分を支給する制度(高額介護サービス費)があります。
 今般、介護保険システムにおいて高額介護サービス費の算定誤りがあり、本来の支給額より過少支給していたことが判明しました。

算定誤りの内容

 介護保険システムで高額介護サービス費を算定する際、本来、難病などによる公費負担医療対象者(難病患者に対する特定医療費の支給等)が公費負担医療の対象となる訪問看護などの介護保険サービスを利用した場合、公費負担医療による支給額を控除し、なお利用者負担が生じる場合は、その利用者負担を自己負担額の合計に含めるべきところ、含めずに計算していました。
 そのため、公費負担医療対象者のうち、公費負担医療の対象となる介護保険サービスを利用した時に支払った自己負担額も含めて上限額を超える方について、支給額が過少となったものです。

追加支給対象者

  1. 対象期間:令和2年1月から令和3年12月
  2. 対象者:2世帯(延べ9人)
  3. 対象金額:合計3,404円
    (対象者には、速やかに追加支給を行いました。)

※上記の対象者及び金額は、現時点における概算(速報値)であり、今後の確認手続きによって変動する可能性があります。

再発防止策

  1. 算定誤りを解消するため、システム改修を予定しています。
  2. システム改修まで影響が及ぶ可能性があることから、調査を継続し、追加支給が必要となる場合は対象となる方にお知らせします。

カテゴリー

地図