コンテンツの本文へ移動する
X 閉じる
ホーム健康・福祉高齢者・介護要介護(要支援)認定を受けるには?
ホーム組織別ナビ加茂市介護・看護支援センター地域包括支援センター要介護(要支援)認定を受けるには?
ホームライフイベント高齢・介護要介護(要支援)認定を受けるには?

要介護(要支援)認定を受けるには?

要介護(要支援)認定申請

介護保険のサービスを利用するには、日常生活で介護や支援が必要にな状態かどうかの要介護(要支援)認定を受けることが必要です。
加茂市介護・看護支援センターに申請すると、本人の心身状態の調査を実施し、調査内容と主治医からの意見書をもとに要介護度(要支援)の結果が通知されます。
要介護度により在宅サービスを利用できる額や施設に入った場合のサービスの額が異なります。

申請の方法

  1. 加茂市介護・看護支援センター又は市役所健康福祉課にある「申請書」を記入します。
    また、主治医に「主治医意見書」を記入してもらってください。
    (主治医がいない方、申請書類を取りに来ることが難しい方はご相談ください。)
  2. 申請書と主治医意見書を加茂市介護・看護支援センター又は市役所健康福祉課に提出します。

申請後

  1. 調査・相談
    市職員がお宅を訪問し、心身の状態などを調査し、利用を希望するサービス等を相談させていただきます。
  2. 審査・判定
    認定調査と主治医意見書の情報などをもとに、医療・保健・福祉の専門家による介護認定審査会で審査し、要介護度を決定します。
  3. 結果通知
    介護の必要性などに応じて、要支援1・要支援2・要介護1から要介護5の7段階に分かれます。
  4. 認定されると介護保険のサービスが利用できます。
    利用には居宅介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、それに基づいて利用することになります。
    ケアプランの作成については、加茂市介護・看護支援センターにご相談ください。
    なお、認定前であってもサービスを利用することができますので、ご相談ください。
     

要介護度には認定期間があります。認定期間に満了に近づくと「要介護(要支援)認定更新」のご案内をさせていただきます。
介護保険サービスを利用するには更新の手続きが必要です(更新の手続きは上記「申請の方法」と同様です)。

利用者負担割合

介護保険サービスは、実際にかかる費用の一部(利用者負担割合分)を負担することで利用できます。

要介護(要支援)認定を受けている人には「介護保険負担割合証」が交付されます。合計所得金額等に応じて、サービス利用の際に支払う利用者負担の割合(1割・2割・3割)が記載されています。サービス利用時に介護保険証と一緒にサービス事業者に提示してください。
適用期間は1年(8/1-7/31)で毎年交付されます。

カテゴリー