Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

税務課国民健康保険税>年度途中に75歳になる方の国保税の納付について

年度中に世帯主が75歳になる場合、公的年金からの特別徴収は行いません

 年度中に世帯主が75歳を迎え、後期高齢者医療制度へ加入する場合は、その年度の4月以降の特別徴収(公的年金からの差し引き納付)は行いません。7月から普通徴収(納付書又は口座振替で支払う方法)により納めていただきます。

75歳になる方の国保税の納入例

75歳になると後期高齢者医療制度に移行しますが、誕生月の前月までは国民健康保険税がかかります。
 これを計算したものを7月から翌年の3月までの間で割振りますが、75歳になったことにより、国民健康保険脱退となり、世帯の中で国民健康保険加入の方が誰もいなくなった場合とまだ国民健康保険加入の方がいる場合とでは、保険税の割振りが異なります。

単身世帯の場合(75歳になる方以外に国保の加入者がいない場合)

(例)12月7日に75歳になる方で、その世帯の中に国民健康保険加入者がいない場合(国保税 100,000円)


7月 20,000円 8月 20,000円 9月 20,000円 10月 20,000円 11月 20,000円  計100,000円を誕生月の前月まで(7月から11月)で割振ります。
12月から3月まで 0円 誕生月以降は、国保税の支払いはありません。

複数人世帯の場合(75歳になる方以外に国保の加入者がいる場合)

(例)12月7日に75歳になる方で、その世帯の中に国民健康保険加入者がいる場合(国保税 180,000円)

7月 20,000円 8月 20,000円 9月 20,000円 10月 20,000円 11月 20,000円 12月 20,000円 1月 20,000円 2月 20,000円 3月 20,000円
年間の保険料は、75歳に到達する方の分はその月数分ですでに計算されているので、計 180,000円を3月までで割振ります。

75歳になる方の国保税と後期高齢者医療保険制度について

国保の被保険者が75歳になると、自動的に国保を脱退し後期高齢者医療制度に移行します。

被保険者証について
国保の被保険者証は75歳の誕生日の前日までとなります。75歳の誕生日からは後期高齢者医療制度の被保険者証を使用してください。
後期高齢者医療保険制度の被保険者証は誕生日までに郵送で届きます。(月の前半、後半で 2回発送)

保険料の計算方法について
保険料についてはこちらをご覧ください。
後期高齢者医療保険料は75歳の誕生月分から計算されます。
保険料通知は、75歳の誕生日の誕生月の概ね2ヶ月後に納付書でお届けします。

納入例 12月7日に75歳になる方(後期高齢者医療保険料 60,000円)


保険料の納付について
国保税を口座振替にしていた場合でも、後期高齢者医療保険料を口座振替にするためには、改めてお手続きが必要です。

納付義務者(世帯主)が75歳になる場合、その年度は特別徴収(年金からの差し引き納付)はされません。普通徴収(納付書または口座振替で支払う方法)になります。概ね6ヶ月後より(年金受給額が18万円以上であり、介護保険が年金天引きで、かつ、介護保険料と合わせた保険料が年金額の2分の1を超えない方は、)公的年金からの特別徴収となります。特別徴収に切り替わる場合は税務課からお知らせが届きます。
※税務課では口座振替をおすすめしております。詳しくはこちらをご覧ください。

国保税から後期高齢者医療制度に移行した方に対して国保税の納付書が届く場合について

国保税は、国民健康保険加入者がいる世帯の世帯主に負担していただくことになっています。世帯主本人が国保加入者でない場合でも、家族に国保加入者がいれば、世帯主が納付義務者になりますので、世帯主あてに保険税納入通知書をお送りします。
ただし、国保税の計算は加入者のみで計算しています。

 税務課トップページへ

お問合せ先:加茂市税務課民税係 (加茂市役所1階)
TEL:0256-52-0080(内線125) FAX:0256-53-4676
メールアドレス zeimu@city.kamo.niigata.jp

このページの先頭へ ホーム