TOP>水道管の凍結にご注意ください!


■水道管の凍結にご注意ください!


  水道管の凍結について


  • 冬季間は外気温が下がり、水道管が凍結しやすくなります。水道管が凍結すると水が出なくなったり、破裂する場合があります。

  • 水道管が凍結したり、破裂すると水道が使えなくなるだけではなく、修理にお金もかかります。


  • 特に次のような場合はご注意ください


     
    ※ 気温が−3℃以下になるとき


     ※ 真冬日(一日気温が氷点下以下)が続くとき


     ※ 夜間、もしくは数日間留守にするときなど、長時間水道を使用しないとき



     ※ 北向きで風当たりの強いところや、屋外で露出している場所





  凍結防止について





  • 凍結を予防するには、以下の方法が有効です。



     ※ 立ち上がり(外配管)等の凍結しやすい部分に保温材を巻く。


     ※ 夜間お使いにならない時間は給湯器等の水抜きを行う。
      (方法については取扱説明書やメーカーホームページ等を参照)


     ※ 蛇口から箸の太さ程度水を出す。





       (流れている水は凍りづらいため、凍結の予防には効果的です。ただし、ごく少量ですと凍る可能性がありますのでご注意ください。)









  水道管が凍結してしまったら…


  • 宅内側の漏水については、水道メーターのパイロット(下の写真)で調べることができます。

          

  • 漏水の調べ方は、宅内の蛇口を全て閉めた状態で、水道メーターのパイロットが回っているかを確認します。漏水していなければパイロットは動きませんが、漏水している場合はパイロットが回ります。


  • 漏水を発見した場合は、お早めに加茂市指定給水装置工事事業者(指定工事店)に修理の依頼をしてください。(修理の費用については、お客様の負担となります。)


  • 加茂市指定給水装置工事事業者(指定工事店)の一覧表はこちらです。


  • 大量に漏水している、蛇口のコマを替えるなど、すぐ水を止めたい場合は、メーターボックスの中にある止水栓を閉めてください。止水栓の止め方については、下の例を参考にしてください。
     


    【例1】 : 逆ボ止水栓の場合

          
                止水栓を右に90度回す

                     


                


    【例2】 : 丙止水栓の場合

                  
            止水栓の蝶ねじを止まるまで右に回す

                     


            水の止まりが悪い場合は、副弁を倒します        
          


   ※経年変化等で止水栓の動きがかたい、水が止まらない等、修理を必要とする場合は、
    水道局工務係(52-0080)までご連絡ください。




ご不明な点については、お気軽に加茂市水道局(Tel:52-0080)までお問い合わせください。


加茂市水道局
959-1392
新潟県加茂市幸町2丁目35

TEL : 0256-52-0080
(代表)
FAX : 0256-53-4677

Email : suido@city.kamo.niigata.jp

Kamo City Waterworks Bureau