TOP>給水のしくみについて


■給水のしくみについて


  給水装置について


  • 給水装置とは、加茂市が布設した配水管より分岐して家庭まで水を送る給水管、止水栓、メーター、蛇口等のことを総称して給水装置と呼びます。
    給水装置のうち、メーターは水道局が貸し出しているものですが、そのほかの施設についてはお客様の財産となります。

  • 給水装置は、個人の財産ですので基本的にはお客様が管理することとなります。
    ただし、お客様の給水装置が漏水している場合の修理などについては、管理区分を設けてあり、原則として水道メーター、又は第一止水栓を境とし、道路側(本管側)については水道局、宅内側についてはお客様の負担となります。(詳しくはコチラ)


          


  給水の方法について


  • 加茂市の給水方法は、大きく分けて三つあります。

    1.直結給水方式
     三階建てまでの建物(3階直結給水については配水管の水圧が一定以上確保されている場合に限る)について配水管の水圧で送る直結直圧給水方式と、三階建て以上の中高層建物について増圧ポンプを使用して送る直結増圧給水方式があります。







    2.受水槽方式

     水道メーター以降に受水槽を設置し、いったん受水槽で貯めてからポンプで水を送る方式です。


           


        
    3.併用方式

     三階建て以上の中高層建物や大規模な施設などで、低層階を直結給水方式とし、高層階を受水槽方式として、これらをを組み合わせて給水する方式です。


        




  給水方法のメリット・デメリット


  • 給水方法にはそれぞれの長所と短所があるため、それらを考慮して建築物にあった給水方法を採用する必要があります。

    
          方式 


 
項目
受水槽方式 直結給水方式
直圧方式 増圧方式
水質劣化のおそれ あり なし なし
断水時のストック機能 あり なし なし
配水管への逆流のおそれ なし あり あり(逆止弁)
設置スペース 大きなスペースが必要 不要 小さなスペースでも可能
設置費用 受水槽やポンプが必要なため高価である 安価 受水槽が不要で、ポンプは受水槽方式に比べ割高であるが、全体的には受水槽方式より安価となる。
維持管理 受水槽の清掃、ポンプのメンテナンスが必要 不要 ポンプ及び逆止弁のメンテナンスが必要
配水管圧力の有効利用 不可 可(必要な圧力が確保できる場合) 可(不足分をポンプで増圧)
給水管の口径 小さい 大きい 大きい



ご不明な点については、お気軽に加茂市水道局(Tel:52-0080)までお問い合わせください。


加茂市水道局
959-1392
新潟県加茂市幸町2丁目35

TEL : 0256-52-0080
(代表)
FAX : 0256-53-4677

Email : suido@city.kamo.niigata.jp

Kamo City Waterworks Bureau