■雪椿まつり


 加茂山がユキツバキの花で化粧を始めると、加茂山公園もにぎやかさを増していきます。春4月、雪椿まつりの始まりです。
 雪椿まつりは昭和42年から始まりました。昭和41年、ユキツバキが「新潟県の木」に指定されたことをきっかけに始まったものです。
 毎年4月中旬の日曜日になると、加茂山公園は訪れる人でいっぱいになります。公園内のステージでは、ミス雪椿の公開審査など様々な催し物が開かれます。
 午後からは、市中パレード。音楽隊を先頭に、新しく選ばれたミス雪椿が市民にご挨拶。そのほか、日曜日ごとに市民茶会や物産展などが開催されます。


雪椿まつりの主なイベント
  • 雪椿大園遊会
  • ミス雪椿公開審査
  • 歓迎大島
  • 市中パレード
  • 雪椿マラソン大会
  • 雪椿バレーボール大会
  • 市民茶会

第49回 雪椿まつり ミス雪椿
ミス雪椿
   左
   ミス雪椿
   車谷唯さん
中央
ミス雪椿クイーン
樋浦こころさん
 右
 ミス雪椿
 大塚英恵さん

■青海神社 加茂まつり  5月21日

 青海神社は加茂山にあり、平安時代に書かれた「延喜式神名帳」にもその名が見られる古い神社です。
 西暦794年、都が京都に移されるとともに、加茂も京都賀茂神社の社領になり、市名「加茂」も賀茂神社から由来したものです。

 「加茂まつり」の名で親しまれている青海神社春季祭礼は、加茂市の伝統あるまつりの中で最も盛大であり、乳児に産衣を着飾ってお供することから「乳母まつり」とも呼ばれています。これは、生後1年未満の乳児が行列に加わることからきています。神に安産を感謝し、乳児のすこやかな成長を祈願して行列に参加するのです。

■長瀬神社 上条まつり  6月15日

 6世紀後半に創建されたと伝えられる長瀬神社は、加茂川の清流に臨んで八幡の地に鎮座している神社です。
 別名「八幡様(はちまんさま)」とも呼ばれています。
長瀬神社

 笹だんごの看板がお菓子屋さんの前に立つ頃になると、「だんご祭り」とも呼ばれる上条まつりの季節になります。
 6月15日午後2時ごろになると、重さ500sとも600sとも言われる全国的にも珍しい六角形の神輿が繰り出します。

■越後加茂川夏祭り  8月14日

 大人が暑さにげんなりしだすと、ますます元気になるのが子どもたち。子どもたちはお祭りが大好き。毎年8月、加茂川河川敷を舞台に繰り広げられる「越後加茂川夏まつり」。昼間は猛烈な暑さです。そのなかを子供たちは、元気に跳ね回ります。
 夜は、盆踊りと花火大会。両岸の河川敷を結ぶ大きな踊りの輪が出来上がります。お勧めは、加茂川を縦貫する2キロメートルに及ぶ大ナイアガラ。市街地に架かる8本の橋をつなぎ、流れ落ちる光のシャワーは圧巻です。


959-1392新潟県加茂市幸町二丁目3番5号
加茂市商工観光課 加茂市役所1階
TEL:0256-52-0080 FAX:0256-53-4676
syoko@city.kamo.niigata.jp