Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

市民課

国民年金の加入

必ず加入する人

 日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人は、必ず国民年金に加入し保険料を納めます。

 加入者(被保険者)は3種類あります。

種類 第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者
該当者  自営業、自由業、農林漁業、学生、フリーアルバイター、無職の人などで20歳以上60歳未満の人  厚生年金や共済組合に加入している会社員や公務員などで就職時から65歳未満の人(65歳以上の加入者については、老齢・退職年金の資格を有していない人に限る)  第2号被保険者に扶養されている配偶者で20歳以上60歳未満の人
加入
届出先
年金係窓口へ届出をしてください。 勤務する事業所が加入手続きをおこないます。 第2号被保険者が勤務する事業所が手続きをします。
保険料の納め方 自分で納めます。
お支払いが困難な場合には学生納付特例制度、保険料免除制度などがあります。
厚生年金や共済年金の保険料に含まれている。 個人で納める必要はありません。
保険料は配偶者の加入している年金制度が負担します。

任意加入できる人(任意加入被保険者)
 次の方は、希望により加入することができます。届出は、年金係窓口です。



国民年金被保険者の届出

届出の内容により、届出先が異なりますのでご注意ください。

手続きの際は年金手帳の他に添付書類が必要な場合がありますので、届出先にご確認ください。

こんなとき 種別 届出先
第1号被保険者 20歳になったとき
(厚生年金・共済年金加入者を除く)
第1号 市役所年金係
会社や役所などに就職したとき 厚生年金に加入したとき 第1号
 第2号
市役所年金係
共済年金に加入したとき
氏名・住所が変わったとき 第1号 市役所年金係
任意加入するとき 第1号 市役所年金係
学生で保険料を納めるのが困難なとき 第1号 市役所年金係
保険料を納めるのが困難なとき 第1号 市役所年金係
保険料を口座振替で納めたいとき 第1号 三条年金事務所、金融機関
保険料を納めすぎたとき 第1号 三条年金事務所
年金手帳をなくしたとき 第1号 市役所年金係・三条年金事務所
第2号被保険者 会社や役所などを退職したとき 本人 第2号
 第1号
市役所年金係
扶養されている配偶者 第3号
 第1号
市役所年金係
会社を退職し配偶者の扶養になるとき
(配偶者が第2号被保険者の場合)
第2号
 第3号
配偶者の勤務する事業所
年金手帳をなくしたとき 第2号 勤務する事業所
第3号被保険者 20歳になったとき 第3号 配偶者の勤務する事業所
会社や役所などに就職したとき 厚生年金に加入したとき 第3号
 第2号
市役所年金係
共済年金に加入したとき
配偶者が会社を変わったとき
(加入制度が変わらない場合を除く)
第3号→
 第3号
配偶者が新しく勤務する事業所
配偶者に扶養されるようになったとき
(配偶者が第2号被保険者の場合)
第1号
 第3号
第2号
 第3号
配偶者の勤務する事業所
第3号被保険者が配偶者の扶養からはずれたとき
(離婚、収入増のとき)
第3号
 第1号
市役所年金係
住所・氏名が変わったとき 第3号 配偶者の勤務する事業所
年金手帳をなくしたとき 第3号 市役所年金係・三条年金事務所


お問合せ先:加茂市市民課 加茂市役所1階
TEL:0256-52-0080 FAX:0256-53-4676
メールアドレス shimin@city.kamo.niigata.jp
このページの先頭へ ホーム