Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

市民課

国民健康保険

国民健康保険の加入

 他の健康保険に加入している人や後期高齢者医療制度に加入している人及び生活保護を受けている人以外は、すべての人が国民健康保険に加入することになります。国保への加入および喪失の手続きは市民課窓口でおこないます。
 おもな国保加入者としては、自営業者、農業・漁業従事者、退職などで職場の健康保険に加入していない人、加茂市に住民登録している外国の方などです。

退職者医療制度

 長い間会社などに勤めていて退職し、年金を受け取れるようになった人とその扶養者に適用される制度です。対象者は、次の(1)〜(3)を満たす退職被保険者と扶養家族(※)です。
@国民健康保険に加入していること
A前期及び後期高齢者医療制度の適用を受けていないこと
B厚生年金や共済組合の老齢(退職)年金を受けていて、これらの年金制度の加入期間が20年以上、または40歳以後の加入期間が10年以上あること
※扶養家族とは、退職被保険者本人と同じ世帯の配偶者および三親等内の親族で、おもに退職被保険者の収入で生計を維持している人たちです。

 資格は、年金の受給権が発生した日からです。手続きをしていただくと、「国民健康保険被保険者証」と引替に「国民健康保険退職被保険者証」をお渡しします。

国民健康保険の届出

 異動があった場合、必要書類を持って14日以内に届出をしてください。
 世帯主、同居の世帯員以外の代理人が届出をおこなうときは、委任状または本人と代理人の印鑑をお持ちください。
届出の内容 必要書類
国保に入る場合 加茂市に転入したとき 転出証明書
加茂市に住民登録したとき(外国人) 在留カード・パスポート等
職場などの健康保険をやめたとき 職場の健康保険をやめた証明書
生まれたとき 母子健康手帳
国保をやめる場合 加茂市から転出するとき 国民健康保険被保険者証
外国人が加茂市から転出するとき 国民健康保険被保険者証
職場などの健康保険に加入したとき 国民健康保険被保険者証と
職場の健康保険被保険証
死亡したとき 国民健康保険被保険者証
住所、氏名、世帯主などに変更があったとき 国民健康保険被保険者証
退職者医療制度の対象になったとき 国民健康保険被保険者証と
年金証書
国民健康保険被保険証や国民健康保険退職被保険者証をなくしたとき 官公署が発行した写真入り証明書、納税通知書など


お問合せ先:加茂市市民課 加茂市役所1階
TEL:0256-52-0080 FAX:0256-53-4676
メールアドレス shimin@city.kamo.niigata.jp
このページの先頭へ ホーム