加茂市役所総務課広報広聴係

メールは↓のボタンをクリック
各課のメールへ

広報かも お知らせ版 平成17年8月15日号

胃がん、大腸がん検診実施 加茂・南・石川小地区が対象
日本脳炎予防接種 中学3年生対象は廃止
文化庁本物の舞台芸術体験事業
 古今亭志ん輔の落語を楽しもう 10月19日文化会館で
災害が起きてからでは遅い 備えは大丈夫ですか 9月1日は防災の日
災害時の避難場所一覧表
国民健康保険 70歳になる人には新しい保険証を送付
糖尿病相談会
登記事項証明書などA4サイズに変更
秋の農作業事故防止
青海神社 秋季祭礼時の交通規則
ふるさと歴史探訪クラブ講演会 松原通りと郡道開通
自然ふれあい教室 巣箱づくり
朗読初心者講習会
ながいきストリート川柳募集
県央地場産業センターパソコン講座
県高齢者大学公開講座 ふるさとの民俗文化
加茂アクアコミュニティ 第2期スイミングスクール生徒募集
献血にご協力ください
はり、きゅうなど無料治療
暮らしのカレンダー8・9月

 文化会館ガイド  ギャラリーガイド  新着図書案内  サイトマップ

胃がん、大腸がん検診実施 加茂・南・石川小地区が対象

実施日 検診会場 受付時間
8月23日(火) 市民体育館 午前7時〜9時
24日(水)
25日(木)
26日(金)
30日(火) 勤労者体育センター
31日(水)
9月1日(木) ゆきつばき荘
2日(金)

 胃がん、大腸がん検診を行います。申し込みをされなかった人も受けられますので、都合のよい会場で受診してください。
 なお、今回、都合により受診できない場合は11月6日(日)にゆきつばき荘で受診してください。

対象者 40歳以上(昭和41年4月1日以前生まれ)の人。
検診料 胃がん検診500円、大腸がん検診300円(70歳以上無料)

▼胃がん検診を受ける人は、検診前日の夕食は午後8時までに済ませてください。当日の朝は、食べ物や飲み物はもちろん、たばこや薬、チューインガムなどもとらないでください。
 なお、朝6時から番号札をお渡しします。

▼大腸がん検診を受ける人は、2日分の便を同封のビニール袋に入れてお持ちください。
 検診のお知らせと健康手帳をお持ちの人はご用意ください。

問い合わせ 健康課衛生係(内線164)へ。

このページのトップへもどる

日本脳炎予防接種 中学3年生対象は廃止

 日本脳炎予防接種は、5月30日から厚生労働省の勧告を受けて差し控えていましたが、7月29日付の予防接種法改正により3期予防接種(加茂市では中学3年生対象)が廃止となりました。
 また、幼児および2期(小学4年生対象)については、より安全なワクチンが開発されるまで差し控えてください。
 なお、積極的勧奨ができるようになりましたらお知らせいたします。

問い合わせ 健康課衛生係(内線164)へ。
このページのトップへもどる

文化庁本物の舞台芸術体験事業
 古今亭志ん輔の落語を楽しもう 10月19日文化会館で

 落語や紙切り、曲独楽など日本の伝統芸能「古今亭志ん輔の落語を楽しもう」の公演を行います。
 入場ご希望の方は、入場整理券を往復はがきで、お申し込みください。

古今亭志ん輔プロフィール 昭和28年東京生まれ、47年古今亭志ん朝に入門、60年真打ち昇進。現在は、寄席のみならずテレビ・ラジオ等でも活躍中。

日 時 10月19日(水) 午後2時開演
会 場 文化会館大ホール

演 目 「落語と鳴り物についてのお話」「紙切りと曲独楽」「落語」
入場料 無料
対 象 小学校4年生以上向けの内容です。

入場整理券申し込み 往復はがきの往信用裏面と返信用表面に@郵便番号A住所B名前(往信用裏面にはC電話番号も)を明記し、お申し込みください。
あて先 〒959−1313加茂市幸町2−3−5加茂文化会館 「落語を楽しもう」係行

締め切り 10月5日(水)当日消印有効

※応募多数の場合は抽選になります。また、入場整理券は1枚で1名様入場可です。

問い合わせ 文化会館(53−0842)へ。
このページのトップへもどる

災害が起きてからでは遅い 備えは大丈夫ですか 9月1日は防災の日

 全国各地で自然災害が多発しております。
 突然の災害に遭っても慌てないよう、平常時から災害に対応するための準備をしておきましょう。

■「風水害」に備える
 風水害は、情報さえしっかりつかんでいれば、ある程度の準備や心構えができます。
@ラジオ、テレビ、新聞が伝える気象情報に注意し、常に最新情報を聞くようにしましょう。
A危険を感じたら「むだ足覚悟で早めの避難」を心がけましょう。
B雨で増水した小川や側溝は境界が見えにくく、転落事故が起きやすいので、近づかないようにしましょう。
C大切な家財道具は、できるだけ高い安全な場所に移動しましょう。
Dなるべく早く帰宅し、経路や帰宅予定時刻を在宅の家族に伝えましょう。

■「地震」に備える
 阪神・淡路大地震では、死亡原因の8割が家屋の倒壊や家具の転倒による圧死でした。
 まず、家の中の安全を点検することから防災対策をはじめましょう。
@家具を壁に密着させ固定しましょう。
A家具転倒防止器具は家具の大きさに合ったしっかりしたものを取り付けましょう。
B寝室や子供部屋、お年寄りがいる場所にはできるだけ家具は置かないようにしましょう。
Cグラッときたら素早く火を消しましょう。

■非常持出品を準備
 避難所などへのとっさの移動時、必要なものを素早く準備するのは大変です。ふだんからの準備を心がけましょう。
@身の回りに履物やメガネ、入れ歯を用意しておきましょう。これらは避難のときに特に必要です。
A現金、印鑑、保険証。
B携帯ラジオ、懐中電灯(できれば1人に1個)、予備電池、ろうそく、ライター。
Cふだん飲んでいる薬、救急薬品。
D缶詰、ビスケット、チョコレート、ミネラルウォーター。
E缶切り、割りばし、軍手、雨ガッパ。
※非常持出品は10〜15sが目安です。それぞれの体力に合わせて準備しましょう。

■備蓄品を準備
 飲料水(1人1日3リットル)、食料品は3日分が目安です。3日間しのげば救援物資が到着します。

■家族で防災会議
 災害時の役割分担、家族が離れているときに災害が起きた場合の自宅以外の集合場所、安否の確認や連絡をとる県外などの親戚を確認しておきましょう。

問い合わせ 加茂地域消防本部(52−1770)へ。
このページのトップへもどる

災害時の避難場所一覧表

施設名 所在地 電 話
1 七谷小学校 下高柳35 52−0943
2 高柳保育園 下高柳287 52−7799
3 七谷中学校 下高柳25 52−0944
4 七谷保育園 黒水677−2 52−2751
5 加茂美人の湯 宮寄上13−1 41−4122
6 七谷コミュニティセンター 下大谷1045−1 53−2588
7 狭口保育園 狭口甲725−2 52−2871
8 勤労青少年ホーム 狭口甲1082−1 52−6116
9 若宮中学校 若宮町1−21−12 52−0472
10 宝ケ丘保育園 八幡1−10−8 52−1392
11 加茂南小学校 五番町7−1 52−0172
12 加茂農林高等学校 神明町2−15−5 52−3115
13 本量寺保育園 五番町13−15 52−0910
14 加茂小学校 青海町1−1−5 52−0171
15 葵中学校 矢立15−1 52−5174
16 市民体育館 加茂229−1 52−1953
17 西宮保育園 青海町1−1−44 52−9193
18 加茂葵幼稚園 松坂町6−3 52−1984
19 加茂高等学校 幸町1−17−13 52−2030
20 西加茂保育園 栄町8−25 52−5580
21 石川小学校 石川2−2−7 52−9853
22 加茂中学校 学校町1−1 52−0262
23 加茂保育園 陣ケ峰6−15 52−1721
24 加茂西小学校 加茂新田6166−1 52−0478
25 加茂新田保育園 加茂新田6309−2 53−2714
26 下条小学校 中村1−1 52−0466
27 下条保育園 中村6−4 53−2266
28 下条コミュニティセンター 中村6−17 53−0788
29 芝野保育園 柳町2−12−23 53−0294
30 天神林保育園 天神林2366−2 52−8295
31 須田小学校 前須田380−1 52−6533
32 須田保育園 前須田31 52−8863
33 須田中学校 後須田809 52−6019
34 須田コミュニティセンター 前須田1−1 53−3121

問い合わせ 総務課庶務係(52−0080内線321)
このページのトップへもどる

国民健康保険 70歳になる人には新しい保険証を送付

 国民健康保険被保険者証(保険証)が、今月から新しくなりました。
 今回更新された保険証から、8月1日現在70歳に達している人(昭和7年9月30日以前に生まれた人は、老人保健対象者なので除く)の保険証には、「兼高齢受給者証・一部負担金割合1割(または2割)」と表示されています。

 これは、今まで70歳以上の人に保険証とは別に交付されていた「国民健康保険高齢受給者証」が保険証といっしょになったことによるものです。
 今までは、お医者さんにかかるとき「保険証」と「国民健康保険高齢受給者証」の2枚を窓口に提示していただいていましたが、これからは保険証(兼高齢受給者証)を1枚提示していただくだけでよくなりました。

 ただし、すでに老人保健の対象となっている人(昭和7年9月30日以前に生まれた人と障害老人の人)は、今までどおり「保険証」と「老人保健受給者証」の2枚を提示していただきます。ご注意ください。
 なお、高齢受給者となるのは70歳の誕生月の翌月(1日生まれの人は誕生月)からです。
 現在69歳で平成18年7月31日までに新たに70歳になる人の保険証の有効期限は、誕生月の月末(1日生まれの人は前月末)までとなっていますが、有効期限が切れるまでに一部負担金の割合が記載された、新しい保険証(兼高齢受給者証)をお届けします。

■お医者さんにかかるとき
昭和7年10月1日以降の誕生日の人 「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」を提示。
昭和7年9月30日以前の誕生日の人 「国民健康保険被保険者証」と「老人保健受給者証」を提示。

問い合わせ 健康課国民健康保険係(内線163)へ。
このページのトップへもどる

糖尿病相談会

 療養中の方、ご家族の方で食事療法などでお悩みのことはありませんか。栄養士が相談をお受けします(秘密厳守)。

日時/会場
@9月8日(木)/中央コミュニティセンター
A10月13日(木)/市役所相談室1

時 間 午後1時30分〜4時30分※前日までに健康課へ要予約。

申し込み・問い合わせ 健康課衛生係(内線164)へ。
このページのトップへもどる

登記事項証明書などA4サイズに変更

 新潟地方法務局では、登記事項証明書等の用紙を、B5判から、偽造防止措置のできるA4判の専用紙に変更します。
 登記部門(本局)は8月22日(月)から、三条支局は8月29日(月)からです。
 なお、登記事項証明書等の交付申請手続きについては、従来と変わりません。

問い合わせ 新潟地方法務局三条支局(33−1346)へ。
このページのトップへもどる

秋の農作業事故防止

 秋の農繁期を迎え、コンバインや乾燥機等の使用に伴う作業中の事故などが心配されます。
 田畑への行き帰り途中の事故もこの時期大変多くなります。
 農作業を安全に行い、無事故で農繁期を乗り切るため、次のことに特に注意しましょう。

@作業前後には農業機械の点検整備と周囲の点検を必ず行う。
A取扱説明書をよく読み、使用基準を守る。
B機械の点検調整、稲わらの除去をする際は、エンジンを止めてから行う。補助作業者等にも、緊急時のエンジンの停止方法を教える。

C機械の積み下ろしやほ場への出入りの際は、転倒・転落事故が起こりやすいので特に注意。
D共同作業者、補助者の位置や作業の状況を常に確認しながら作業を進める。
E道路作業中は、交通ルールを守り、機械の構造と道路状況に見合った運転を行う。

F夕暮れ時は早めのライト点灯、反射材装着などで他の車から確認しやすくするよう心がける。また、早朝も点灯する。
Gゆとりのある作業計画を立て、決して無理はしないように心がける。
H高齢者の事故が多発しているので、充分注意した作業を心がける。
I事故防止は自らの安全意識の高揚も重要です。安全講習会などに積極的に参加しましょう。
J機械を使わなくても回りは危険がいっぱいです。身の回りの点検をしましょう。

問い合わせ 農林課振興係(内線412)へ。
このページのトップへもどる

青海神社 秋季祭礼時の交通規則

 8月31日(水)、9月1日(木)は、祭礼露店出店のため交通規制があります。ご協力をお願いします。
※9月2日(金)も出店があった場合は、その周辺区間のみ交通規制があります。 

規制区間 大通りの穀町〜上町間、穀町交差点〜加茂山公園間、第四銀行・北越銀行間の市道。
規制時間 各日とも正午〜午後10時(宮大門交差点〜加茂山公園間については31日の正午〜1日の午後10時まで)。

問い合わせ 商工観光課観光係(内線131)へ。
このページのトップへもどる

ふるさと歴史探訪クラブ講演会 松原通りと郡道開通

 私たちがいつも何気なく歩いている「道」。矢立地区の道のいわれについての講演です。

日 時 8月21日(日)午前9時30分〜11時30分
会 場 公民館第1研修室

演 題 松原通りと郡道開通
講 師 関正平さん(市文化財調査審議会委員)
入場料 無料

問い合わせ 公民館(52−1953)へ。
このページのトップへもどる

自然ふれあい教室 巣箱づくり

 自分の巣箱を作って、小鳥を観察してみませんか。

日 時 9月17日(土)午前10時〜午後2時
会 場 公民館創作室

定 員 30人 参加費 100円
持ち物 お弁当(昼食)、筆記用具、のこぎり、かなづち、きり、30センチものさし

申し込み 8月31日(水)までに公民館(52−1953)へ。
このページのトップへもどる

朗読初心者講習会

 目の不自由な人に身近な情報をわかりやすく「声」で伝える、朗読講習会です。
 ボイス・ボランティア活動をしてみませんか。

日 時 9月21、28日、10月5、12、19日の各水曜日、午後7時〜9時(全5回)
会 場 公民館第1研修室
対 象 朗読やボランティア活動に興味のある人。

定 員 20人
受講料 無料
持ち物 筆記用具

申し込み 8月31日(水)までに社会福祉協議会(52−6667)へ。
このページのトップへもどる

ながいきストリート川柳募集

 今回も元気で素敵なながいき川柳をお寄せください。「ながいき」または「ながいき」にちなんだ句を募集します。

締め切り 9月12日(月)
応募方法 1人2句以内(厳守)。住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、はがき、ファックスまたは商店街協同組合までご持参ください。

あて先・問い合わせ 加茂市商店街協同組合(〒959 −1351仲町1−34 52−0775、FAX 53−3434)へ。
※入賞者には商店街共通商品券を進呈します。
※投稿句は10月1日から30日まで大通りアーケードで公開。
このページのトップへもどる

県央地場産業センターパソコン講座

 パソコン総合講座(初級編)を9月に、短期講座(メール・インターネット初級、エクセル初歩、エクセル活用、エクセルVBA、デジカメ活用)を9、10月に行います。
 受講料はテキスト代を含み、総合講座が3万円(全10日間)、短期講座が9千円〜1万6千円(全3日間)で、各講座とも、昼(午後1時30分〜4時)と夜(午後6時30分〜9時)の部があります。
 日程など詳しくは県央地場産センター情報推進課(32−5808、http://www.kenohjiba.or.jp/)へ。
このページのトップへもどる

県高齢者大学公開講座 ふるさとの民俗文化

日 時 10月20、27日、11月10、17、24日の各木曜日、午後1時30分〜3時30分。
会 場 パストラル長岡(長岡市今朝白2)
講 師 駒形さとしさん(新潟県民俗学会会長)

内 容 世代を超えて受け継がれてきた県内の民俗事象を取り上げ、ふるさとの文化を再認識する。
定 員 50人
受講料 4千円

申し込み はがきまたはファックスで(財)新潟県長寿社会振興財団(〒950−0994新潟市上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ3階 025−285−1400、FAX025−285−0303)へ。
このページのトップへもどる

加茂アクアコミュニティ 第2期スイミングスクール生徒募集

期 間:平成17年9月12日(月)〜11月30日(水) ※受講料のほかに別途プール使用料が必要

No 教  室 曜日 時  間 対 象 定員 受講料 回数 備   考
1 ジュニアA 16:30〜17:30 年中〜小学生 各40人 5,250円 10 水なれクラスをはじめとして「浮くこと」→「クロールへの入門」から「上級者レベル」まで幅広く指導する泳ぎ習得コース。
2
3
4
5 10:15〜11:15
6 11:15〜12:15
7 ジュニアB 17:30〜18:30 小学生 各25人 5,250円 10 「浮くこと」→「クロールへの入門」から「上級者レベル」まで幅広く指導する泳ぎ習得コース。
8
9
10
11 大人水泳 19:00〜20:00 中学生以上 各25人 5,250円 10
12 13:30〜14:30
13 19:00〜20:00
14 13:30〜14:30
15 水中運動 13:30〜14:20 25人 5,250円 10 水中ウォーキングや水中体操。
16 水中エアロビクス 19:10〜20:00 各25人 5,250円 10 音楽に合わせての水中で楽しくエアロビクス運動。
17 13:30〜14:20

講 師 スイミングスクール「加茂アクアコミュニティ」校長:田中勝弘先生(平成16年度新潟県国体監督)をはじめ、加茂アクアコミュニティのコーチの先生方。

申込書 温水プール、市役所、市民サービスセンター、勤労者体育センター、公民館、各コミュニティセンター、かも川荘、ゆきつばき荘、各小・中学校にあります。

申し込み方法・受付
◆ジュニアA・B(No1〜10)のコース
 申込書に第1希望・第2希望を記入し、8月17日(水)から27日(土)までに申し込みをしてください。希望者多数のときは、コースごとに抽選し、受講決定後はがきでご案内します。
◆大人水泳・水中運動・水中エアロビクス(No11〜17)のコース
 申込書に必要事項を記入し、受講料を添えて申し込んでください。申し込みは9月2日(金)からですが、各コースとも定員がありますのでお早めに申し込んでください。
◆各コースの申し込みは、温水プールで開館時間に受け付けます。

 そ  の  他
◆受講料(保険料含む)の中にはプール使用料は含まれていません。使用料は、高校生以上1回400円(11回券4,000円)、小・中学生1回200円(11回券2,000円)、未就学児は無料です。
◆定員に余裕のあるコースは週2回まで受講ができますので、申し込み時に係員にご相談ください。
※受講料は週1回コース10回で5,250円、週2回コース20回で7,500円です。

開館時間  平 日:午後1時〜8時30分  土曜日:午前10時〜午後8時30分 日曜・祝日:午前10時〜午後6時
休館日  毎週火曜日(火曜日が祝日のときは翌日)、年末年始

申し込み・問い合わせ 加茂市温水プール(神明町1丁目10番1号 рT3−5101)へ。

このページのトップへもどる

献血にご協力ください

 長期保存できない血液を1年通じて安定供給するため、400ml・200ml献血を行います。

日時(会場) 8月24日(水)午前10時〜11時30分(株式会社山忠)、午後2時〜4時(県立加茂病院)

問い合わせ 健康課衛生係(内線162)へ。
このページのトップへもどる

はり、きゅうなど無料治療

 市内のはり、きゅう、マッサージ師会のご厚意により、今年も無料で治療を行います。

対 象 おおむね60歳以上の人。
日 時 9月11日(日)午前10時〜午後3時
会 場 上条コミュニティーセンター

問い合わせ 小林恒雄さん(53−0773)へ。
このページのトップへもどる

暮らしのカレンダー8・9月

22(月)赤口 ・職業相談 市役所相談室1 9:30〜11:30 市民サービスセンター相談室 13:30〜15:30
・市立図書館休館日
・民俗資料館休館日
・七谷、上条、下条、須田コミュニティセンター休館日
・市民プール、子供プール休館日
23(火)先勝 ・老人将棋道場  ゆきつばき荘 9:30〜16:30
・温水プール休館日
24(水)友引 ・行政相談 相談室1 9:00〜11:30
・心配ごと相談 相談室4 9:00〜16:00
・献血(400ml、200ml) 株式会社山忠 10:00〜11:30 県立加茂病院 14:00〜16:00
・読 書 会 市立図書館 13:30から
25(木)先負 ・市民と市長の「よもやま話」の日 応接室 13:30から
26(金)仏滅 ・老人囲碁道場  ゆきつばき荘 9:30〜16:30
27(土)大安 ・心配ごと相談 中央コミュニティセンター 9:00〜12:00
・子ども映画鑑賞会「まんが日本昔ばなし」 市立図書館 14:00から
28(日)赤口 ・休日当番医 小林医院 рT2−3042  9:00〜17:00
・総体 硬式テニス(シングルス) 市営庭球場 8:00から
・第23回舞踊まつり 文化会館 13:00から
29(月)先勝 ・職業相談 市役所相談室1 9:30〜11:30 市民サービスセンター相談室 13:30〜15:30
・市立図書館休館日
・民俗資料館休館日
・公民館・市民体育館休館日
・七谷、上条、下条、須田コミュニティセンター休館日
・市民プール、子供プール休館日
30(火)友引 ・なんでも健康相談 ゆきつばき荘 9:30〜11:30
・老人将棋道場 ゆきつばき荘 9:30〜16:30
・温水プール休館日
31(水)先負 ・心配ごと相談 相談室4 9:00〜16:00
・市民プール、子供プール開館最終日
9月
1(木)仏滅
2(金)大安 ・老人囲碁道場 ゆきつばき荘 9:30〜16:30
3(土)赤口 ・総体 空手道 勤労者体育センター 8:30から
・心配ごと相談 中央コミュニティセンター 9:00〜12:00
・映画鑑賞会(一般)「東京物語」 市立図書館 14:00から
・古典文学の集い  市立図書館 14:00から
・民俗資料館休館日
4(日)友引 ・休日当番医 吉村医院 рT2−1037 9:00〜17:00
・民俗資料館休館日

★夜間の応急診療★  三条市救急診療所(рR2−2209 三条市南新保6−43)  診療時間 19:30〜21:30(年中無休) 診療科目 内科、小児科 ※この診療所では応急の処置を行います。

このページのトップへもどる

ホームページお知らせ版のトップページへ