山のマナーを守りましょう

 山の新緑が美しい行楽シーズンとなりました。
 山に入って自然を楽しむ方も多いと思いますが、山林所有者が山菜などを栽培している山もあります。
 みんなで注意して山のマナーを守りましょう。



広報かも お知らせ版 平成14年5月1日号

・第36回雪椿まつり 雪椿クイーンに五番町の西倉さん
・肝炎ウイルス検査を実施
・ご利用ください 心の健康相談会
・在宅介護手当支給のご案内
・高齢者、障害者住宅整備資金を貸付
・国民年金保険料の免除制度が変わります
・はつらつコミュニティ活動団体募集
・あしなが奨学生を募集しています
・納入にご協力を 日赤社費、社協会費
・第2回矯正展
・春の農作業事故を防止しましょう
・平成15年歌会始 お題は「町」
・住宅の解体工事には「分別解体の届け出」を
各講座の受講生を募集します
・市民大学講座
・加茂ふれ愛セミナー
・勤労青少年ホーム講座(ゴスペル、民謡、エアロビクス)
・中小企業大学校三条校研修と受講料補助制度のご案内
・パソコン講座
・調理師試験準備講習会
・防火管理者資格付与講習会
・三条テクノスクール在職者対象技能講習
・陸上自衛隊新発田駐屯地創設49周年記念行事
・健康ウォーク秋に開催
・河川愛護モニター募集

 文化会館ガイド ギャラリーガイド 新着図書案内 暮らしのカレンダー みんなのカレンダー

・第36回雪椿まつり 雪椿クイーンに五番町の西倉さん
(左から田巻さん、西倉さん、内藤さん)

 ミス雪椿公開審査が、4月21日に加茂山公園野外ステージで行われ、10人の候補者の中から次の3人がミス雪椿に選ばれました。
 3人からはそれぞれアンケートに答えていただきましたので、紹介します。

紹介する項目@年齢A身長B住所C職業DチャームポイントE趣味Fスポーツの経験などG好きな食べ物H加茂市の印象


ミス雪椿クイーン 西倉真由美さん
@21歳A163pB加茂市C菓子店勤務D目EショッピングF陸上競技、バレーボールGお寿司H自然に囲まれた住みよいまち

ミス雪椿 内藤ひとみさん
@21歳A160pB新潟市C幼稚園教諭D笑顔EスノーボードF陸上競技、弓道Gケーキなど甘いものH小京都のイメージ

ミス雪椿 田巻佑規子さん
@23歳A158pB新発田市C大学生D目EなしFサッカー、スキー、スノーボードGチョコレートパフェH人があたたかい

ミス雪椿の皆さんには、これから1年間加茂市の顔として、活躍していただきます。
このページのトップへもどる
・肝炎ウイルス検査を実施

 市では、今年度から基本健康診査にあわせて、肝炎ウィルス検査を実施します。
対象者 平成15年3月31日までに40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳になる人および、40歳以上で過去に肝機能異常を指摘された人で、肝炎検査を希望し、検査に同意する人。

料 金 
▼40歳以上65歳以下の肝炎ウイルス検査対象者……800円
▼70歳以上の検査対象者…無料
※対象年齢に該当し、基本健康診査(集団健診)を申し込んでいる人には、健診のお知らせといっしょにご案内します。
 過去に肝機能異常を指摘された人については、当日健診会場でお伺いします。
 なお、70歳以上の人は老人健診を実施する医療機関でお受けください。

問い合わせ 健康課衛生係(内線164)へ。
このページのトップへもどる
・ご利用ください 心の健康相談会

 ストレスによる環境への不適応や精神疾患、思春期の心の問題や閉じこもり、痴呆の問題など、心の健康に問題がある人が増えてきています。1人で悩まず、早めに専門家に相談してみませんか。相談は無料で、秘密は固く守られます。

日 時 奇数月の第2木曜日 午後1時30分〜3時30分
5月23日(※第4木曜日)、7月11日、9月12日、11月14日、1月9日、3月13日

会 場 市役所1階相談室2
相談担当 三条健康福祉環境事務所相談員
申し込み 健康課衛生係(内線165)へ前日までに電話でお申し込みください。後日、相談時間などを連絡します。
このページのトップへもどる
・在宅介護手当支給のご案内

 65歳以上の寝たきりや痴ほうの人、または重度心身障害の人を家庭で介護している人に、介護手当を支給します。

支給対象者 加茂市に住所のある次の@からBのいずれかに該当する人と同居し、生活を共にしている人で、常時その人の介護に当たっている人。
@65歳以上の寝たきり状態の人で、常時介護が必要な人。
A65歳以上の痴ほう症状の人で、常時介護が必要な人。
B身体障害者手帳1級または療育手帳Aを持っている在宅の人で、常時介護が必要な人。
※介護に当たっている人が家族の中で何人かいる場合は、主に介護に当たっている人1人になります。

支給額 月額5千円(年額6万円)
支給期間 申請のあった日の属する月から受給資格を失った月まで。
支払月 7月、10月、1月、4月の年4回。それぞれ前月分までを月末に支払います。

支払方法 口座振込
支給停止 介護が必要なお年寄りなどが、病院・施設などに1カ月のうち15日を超えて入院・入所したときは、その月の手当は支給停止になる場合があります。
受給資格の消滅 介護が必要なお年寄りなどが死亡、市外転出、病院・施設などに長期入院・入所したときなどは、受給資格がなくなります。
 ※申請時、調査票に基づいて地区の民生委員さんが調査に伺いますので、ご協力ください。

申請先・問い合わせ 福祉事務所生活老人係(内線173)へ。
このページのトップへもどる
・高齢者、障害者住宅整備資金を貸付

 高齢者や障害者の専用居室などを、増改築または改造するために必要な資金を貸し付けます。

対象者 @高齢者(60歳以上)と同居する親族。A身体障害者手帳(1〜4級)または療育手帳(A)の交付を受けている人、もしくは同居の親族。
貸付限度額 250万円
利 率 年2.3%

償還方法 元利均等による月賦、半年賦または年賦償還で10年以内。
保証人 原則として市内に住所のある人が1人必要です。

問い合わせ 福祉事務所(内線173)へ。
このページのトップへもどる
・国民年金保険料の免除制度が変わります

 国民年金には、所得が少ないなど、経済的な理由で国民年金保険料の納付が困難な方のために、申請することにより保険料の納付が免除される「申請免除」の制度があります。
 これまでは、保険料を全額納付するか、全額免除を受けるかのどちらかでしたが、平成14年度からは、保険料を納めたいが、全額納付するのは難しいという方のために、半額(6千650円)を納付し、半額を免除する「半額免除制度」ができました。
 申請免除は、全額免除と半額免除の二通りとなり、原則として前年の所得に基づいて判定されることになります。
 また、免除を受けた期間については、年金を受給するための資格期間には計算されますが、老齢基礎年金の受給額を計算する際、全額免除の期間は保険料を納めた場合の3分の1、半額免除の期間は3分の2として計算されます。
 免除を受けてから10年以内であれば、その当時の保険料に一定の率を掛けた額で、保険料を追納することができます。

問い合わせ 三条社会保険事務所(32−2239)または、市民課国民年金係(内線115)へ。
このページのトップへもどる
・はつらつコミュニティ活動団体募集

 市では「モデル・コミュニティ活動団体」を募集します。
この制度は地域連帯感を深め、活性化につながるようなモデル的活動に対し、最高20万円まで補助金を交付するもので、平成13年度は8団体が認定を受けています。
 地域の活性化につながる活動を企画している団体は、お申し込みください。

締め切り 6月14日(金)

申し込み・問い合わせ 企画財政課企画調整係(内線313)へ。
このページのトップへもどる
・あしなが奨学生を募集しています

奨学生の種類 貸与月額
高等学校奨学生
(高等専門学校も含む)
国公立 25,000円
私 立 30,000円
大学奨学生
(短期大学も含む)
一 般 40,000円
特 別 50,000円
専修・各種学校奨学生 一 律 40,000円
大学院奨学生 一 律 80,000円

奨学生の資格
 @高等学校奨学生は、現に高等学校または高等専門学校に在学する生徒。
 A大学奨学生は、大学、短期大学に在学していること。
 B専修学校および各種学校奨学生は、本会の高等学校奨学生から引き続き修業年限2年以上の専修学校専門課程または各種学校に在学していること。
  いずれも病気や災害や自死で保護者等が死亡している人。

奨学金の返還
 奨学金の貸与が終了して6カ月経過してから20年以内で、年賦、半年賦、月賦のいずれかの方法で無利子で返還。
問い合わせ あしなが育英会(03-3221-0888 FAX03-3221-7676 http://www.ashinaga.com)へ。
このページのトップへもどる
・納入にご協力を 日赤社費、社協会費

 日本赤十字社は、毎年5月を「赤十字社員増強運動月間」として、赤十字をご理解いただき、赤十字社員として赤十字活動にご協力いただく強調月間としています。
 献血や救急活動、災害時の医療、物資交付など、善意を社会に奉仕しようとする人々が組織し、国の内外にわたって幅広い活動を進めています。
社会福祉協議会は、民間福祉団体として社会福祉事業を進めています。皆さんからの会費、寄付金、共同募金の配分金が社会福祉事業の財源として役立てられます。
 事業の趣旨をご理解いただき、新規加入、継続加入してくださるようお願いします。

日赤社費 1人年額500円以上で、1世帯1人以上の加入をお願いします。
社協会費 1世帯年額300円の会費納入をお願いします。
納入方法 5月中に区長さんか組長さんがお伺いします。

問い合わせ 福祉事務所(内線175)または、社会福祉協議会(52−6667)へ。
このページのトップへもどる
・第2回矯正展

 刑務所作業製品の展示・即売などを通して受刑者に対する理解を深め、更生・社会復帰を推進する目的で行います。

日 時 5月11日(土)午前10時〜午後4時、12日(日)午前10時〜午後3時
会 場 産業センター
内 容 刑務作業製品(家具、金属・革・木彫製品など)の展示即売および矯正施設の紹介。

問い合わせ 新潟刑務所企画部門(025−286−5626)へ。
このページのトップへもどる
・春の農作業事故を防止しましょう

 4月から5月にかけて春の農繁期を迎えますが、農作業中や田畑の行き帰りの途中の道路上での事故がこの時期たいへん多くなっています。
 次の点に特に注意し、農作業事故を未然に防ぎましょう。

@作業前には農業機械の点検整備を必ず行いましょう。
A機械の点検・調整は、エンジンを止めてから行いましょう。
B機械の積み下ろしやほ場への出入りの際は、転倒・転落事故が起こりやすいので特に注意しましょう。
C道路走行中は、交通ルールを守り、機械の構造と道路状況に見合った運転を心がけましょう。
D夕暮れ時は早めにライトを点灯し、また、反射材などを装着して他の車から確認しやすくするよう心がけましょう。また、早朝の作業時も点灯しましょう。
E作業は時間にゆとりを持って行いましょう。無理は禁物です。
F高齢者の事故が多くなっています。無理をしないで、常に安全作業を心がけましょう。高齢者が作業をするときは、周囲の人が声をかけ合うなどして事故を未然に防ぎましょう。
このページのトップへもどる
・平成15年歌会始 お題は「町」

 お題は、「町」ですが、「街」の文字を用いてもよく、これらの文字の入った熟語を使用しても差し支えありません。

詠進歌の詠進要領
▼自作の短歌で一人一首とし、未発表のものに限ります。
▼用紙は半紙(習字用の半紙)とし、毛筆で自書。
▼病気または身体障害のため自筆することができない場合は、@代筆(代筆の理由、代筆者の住所、氏名を別紙に書き、詠進歌に添える)Aワープロやパソコンなどを使用する(これらの機器を使用した理由を別紙に書き、詠進歌に添える)B視覚障害者は点字でも可。
▼書式は半紙を横長に使い(書式図参照)、職業は具体的に書いてください。

詠進の期間 9月30日まで
郵便のあて先 「〒100−8111 宮内庁」とし封筒に「詠進歌」と書き添えてください。

問い合わせ 9月20日までに返信用切手をはった封筒を添え、直接、宮内庁式部職へ。または、宮内庁HP(http://www.kunaicho.go.jp/12/d12-03.html)を参照ください。
このページのトップへもどる
・住宅の解体工事には「分別解体の届け出」を

 5月30日から建設リサイクル法が施行され、一定規模以上の建築物解体工事等について分別とリサイクルが義務づけられます。また、その工事の発注者(家の建て替えなどの工事を発注する人等)は事前に分別解体等の届け出が必要となります。

《対象となる建設工事の規模》
工事の種類 規模の基準
@建築物の解体 床面積80u以上
A建築物の新築・増築 床面積500u以上
B建築物の修繕・模様替え(リフォームなど) 請負金額1億円以上
Cその他の工作物に関する工事(土木工事など) 請負金額500万円以上

《分別解体等の届出先》
三条土木事務所(三条市興野1−13−45)
※民間工事に係る手続きは三条土木事務所建築課、公共工事に係る手続きは庶務課行政係で行います。

問い合わせ 三条土木事務所(36−2308Fax36−2290)へ。
このページのトップへもどる
・市民大学講座

 各分野から優れた先生方をお招きし、下表のとおり講座を開講します。
 どなたでも受講できますので、多数お申し込みください。

会 場 文化会館小ホール
時 間 午後7時15分〜9時、ただし、1回目は午後7時から、最終回は午後2時から。
受講料 3千円

定 員 80人
申し込み 5月17日(金)までに受講料を添えて公民館(52−1953)または、市民サービスセンター(53−1180)へ。電話でも受け付けます。
 なお、1講座のみ(受講料500円)の受講もできます。当日受付にお申し出ください。(最終日にパーティーを開きます。会費は3千500円。)

特別研修
日 時 6月30日(日)午前8時50分〜午後5時
内 容「大河津分水資料館」や「澤将監の館」「笹川邸」などを日帰りで研修、参加料は3千500円です。

市民大学講座 日程(※は手話通訳があります)
    テーマ 「豊かに羽ばたく21世紀」
月日 主題(テーマ) 講師
6/3(月) 開講式
我が国の構造改革の歴史
新潟経営大学助教授
石井泰幸さん
6/10(月) グローバル化での構造改革

6/17(月) 生涯学習社会と子育て事情
〜孫親(高齢者)の役割を考える〜
社会教育委員会議議長
樋口良蔵さん

6/24(月) 蒲原平野の成り立ちと新潟米 元新潟県農業試験場長
諸橋準之助さん

7/1(月) もうひとつの“オリンピック”
〜ご存じですか?パラリンピックを〜
新潟県障害者交流センター
大島さとみさん
7/8(月) 炭は21世紀の環境を変える
〜隅におけない炭々のはなし〜
新潟薬科大学教授
及川紀久雄さん
7/15(月) 水戸黄門とケイタイ
〜歴史とはなにか〜
新潟大学人文学部教授
溝口敏麿さん
7/21(日) 寺子屋と学校
〜教育とはなにか〜
閉講式

このページのトップへもどる
・加茂ふれ愛セミナー

「子育て環境」をテーマに3回シリーズの講座を行います。

日 時
▼@6月10日(月)午前10時〜11時30分/子の心、親の心、親子の心がふれあうように
  《碓井真史さん(新潟青陵大学教授)》
▼A6月29日(土)午後1時30分〜3時30分/美しい地球を子どもたちに
  《橋本聡さん(おいたま地球村代表)》
▼B7月5日(金)午前10時〜正午/エコクッキング環境と家族にやさしい生活(市栄養士)

参加費 300円(3回目はほかに材料費)
会 場 公民館

申し込み 5月31日(金)までに公民館(52―1953)へ。
※託児もあるので、ご希望の方は申込み時にお子さんの名前、年齢をお聞かせください。(1回100円、先着10人)
このページのトップへもどる
・勤労青少年ホーム講座(ゴスペル、民謡、エアロビクス)

 勤労青少年ホームでは、市内に在住・在勤の人を対象にゴスペル、民謡、エアロビクスの各講座受講生を募集します。
 定員になりしだい締め切りです。申し込みは勤労青少年ホーム(52―6116)へ。

▼ゴスペル講座
定 員 30人
期 間 6月7日(金)〜(金曜日開催で10回コース)午後7時〜9時
参加料 千円(保険料ほか)

▼民謡講座
定 員 30人
期 間 6月上旬〜(水曜日開催で10回コース)午後7時〜9時
参加料 千5百円(保険料ほか)

▼エアロビクス講座
定 員 30人
期 間 6月22日(土)〜(土曜日開催で10回コース)午後7時〜9時
参加料 千5百円(保険料ほか)

このページのトップへもどる
・中小企業大学校三条校研修と受講料補助制度のご案内

 中小企業大学校三条校では、下記のとおり研修受講生を募集しています。
申し込みは、中小企業大学校三条校(38−0770)へ。
また、市では中小企業大学校三条校などの研修受講に対し、中小企業研修受講料補助金制度を設けています。受講前に商工観光課商工振興係(内線132)にお問い合わせください。

研修テーマ 研修期間 対象 定員 受講料
経営情報の整理と活用術 5月28日 (火)〜31日(金) 管理者(パソコン活用者) 30人 30,000円
新時代に対応した人事と賃金 6月10日 (月)〜14日(金) 経営者
管理者
25人 36,000円
幹部必須のIT知識 6月19日 (水)〜21日(金) 経営者
管理者
25人 25,000円
工程管理の進め方 6月24日 (月)〜28日(金) 工場管理者
現場リーダー
40人 36,000円
新規創業支援研修 7月5日 (金)〜7日(日) 創業を計画さ れている方
新部門進出等 予定者
30人 10,000円
7月13日(土)〜14日(日)
営業組織の活性化と仕組みづくり 7月8日 (月)〜12日(金) 営業管理者 30人 36,000円
このページのトップへもどる
・パソコン講座

パソコン総合講座〈初級編〉
期 間 5月29日〜6月24日の毎週月・水・金の全12回。
時 間 昼―午後1時30分〜4時、夜―午後6時30分〜9時
定 員 各10人
受講料 3万5千円(テキスト代含む)

パソコン総合講座〈中級編〉
期 間 6月26日〜7月8日の毎週月・水・金の全6回。
時 間 昼―午後1時30分〜4時、夜―午後6時30分〜9時
定 員 各10人
受講料 2万円(テキスト代含む)

パソコン講座
@エクセル2000基礎(昼・夜―6月18日、20日の2日間)
Aエクセル2000応用(昼・夜―6月25日、27日の2日間)
Bアクセス2000(昼・夜―5月28日、30日、6月4日または7月2日、4日、9日の3日間)
Cホームページ作成(昼・夜―6月6日、11日、13日の3日間)
時 間 昼―午後1時30分〜4時、夜―午後6時30分〜9時
定 員 各10人
受講料 @1万2千円A1万3千円BC1万5千円(テキスト代含む)

会 場 各講座とも三条・燕地域リサーチコア7階研修室6
申し込み 県央地場産センター総務部情報管理課(32-5808)で5月7日から受付開始。
このページのトップへもどる
・調理師試験準備講習会

 調理師試験の受験希望者向け準備講習会を次のとおり開催します。

日 時 6月4日(火)〜6日(木)の3日間、午前9時〜午後4時
会 場 三条健康福祉環境事務所2階講堂
受講料 1万5千円(受講初日に納めてください)

申し込み・問い合わせ 三条健康福祉環境事務所(36−2363)へ。
このページのトップへもどる
・防火管理者資格付与講習会

日 時 6月13日(木)〜14日(金)2日間
講習種別 甲種
会 場 加茂地域消防署

受付期間 5月7日(火)〜6月5日(水)
定 員 60人(定員になりしだい締め切り)
受講料 4千円(テキスト代含む)
※受講票は、加茂地域消防本部予防課に用意してあります。

問い合わせ 加茂地域消防本部(52−1770)へ。
このページのトップへもどる
・三条テクノスクール在職者対象技能講習

@マシニングセンタ・プログラム(初心者対象)
日 時 7/4(木)〜5(金)午前9時〜午後4時
定 員 5人
受講料 2千200円

Aマシニングセンタ・切削加工(初心者対象)
日 時 7/8(月)〜9(火)午前9時〜午後4時
定 員 5人
受講料 3千300円

Bプレス加工
日 時 7/6(土)〜7(日)午前9時〜午後4時
定 員 12人
受講料 3千300円

C半自動溶接
日 時 7/26(金)〜27(土)午前9時〜午後4時
定 員 15人
受講料 3千300円

申し込み @〜Bは5/27〜6/14に、Cは6/17〜7/5の期間に県立三条テクノスクール開発援助課(38−8520)へ。
 ※各講習とも先着順で定員になりしだい締め切りです。
このページのトップへもどる
・陸上自衛隊新発田駐屯地創設49周年記念行事

日 時 5月19日(日)午前8時30分〜午後3時
内 容 市中パレード、記念式典・訓練展示、装備品展示、体験試乗など。
場 所 陸上自衛隊新発田駐屯地および新発田駅前〜新発田駐屯地。

問い合わせ 陸上自衛隊新発田駐屯地広報班(新発田市大手町6 рO254−22−3151内線206)へ。
このページのトップへもどる
・健康ウォーク秋に開催

 健康ウォークは一昨年まで5月に開催していましたが、今年も昨年同様、秋に行う予定です。
 日程などは決まりしだいお知らせします。
このページのトップへもどる
・河川愛護モニター募集

 7月1日から翌年6月30日までの期間に、大河津洗堰から下流の信濃川について、河川愛護に関する情報や河川行政に対する地域の要望・意見等を寄せていただく河川愛護モニターを若干名募集します。
資格は、@20歳以上の健康な人で、A信濃川からおおむね5q以内に住んでいる人。

申し込み・問い合わせ 国土交通省信濃川下流工事事務所管理課(〒951−8153新潟市文京町14―13 025−266−7131)へはがきで応募用紙・要綱を請求してください。
このページのトップへもどる
ホームページお知らせ版のトップページへ