高齢者のインフルエンザ予防接種を実施する指定医療機関はこちらです
(健康課衛生係 内線162)


広報かも お知らせ版 平成13年12月1日号

年末の交通事故防止運動
もしも交通事故に遭ったら届け出を (健康課国民健康保険係 内線163)
冬期間の消防水利確保にご協力を (加茂地域消防本部 рT2−1770)
年末年始の火災予防 (加茂地域消防本部 рT2−1770)
骨髄バンクドナー登録 休日受付を行います
農業用軽油免税証 申請は12月21日まで
無料 糖尿病相談会 (健康課衛生係 内線162)
事業用償却資産の申告 1月21日まで (税務課資産税係 内線124)
守ります あなたの安全 110番
新潟県交通事故相談所(無料)

 文化会館ガイド ギャラリーガイド 新着図書案内 暮らしのカレンダー みんなのカレンダー

年末の交通事故防止運動 11日(火)〜31日(月)

 今年の交通事故発生件数は、過去最高を超える勢いです。
 雪の季節を迎えます。一人ひとりが交通ルールを守りましょう。
 交通事故を起こさない、遭わないために、次のことをお守りください。
○ドライバーは
・安全速度を守り、交差点、横断歩道付近の安全確認を行う。
・夕暮れは、早めのライト点灯とシートベルトを確実に着用する。
○歩行者は
・道路横断は左右の安全を確認する。
・夕暮れや夜間の外出は、明るい服装と反射材を身に付ける。
○自転車に乗る人は
・交差点での一時停止と安全確認を励行する。
・信号を守り、無灯火、二人乗りはしない。

このページのトップへもどる
もしも交通事故に遭ったら届け出を

 交通事故など、第三者(加害者)から受けた傷害による医療費は、原則として加害者が負担すべきものです
が、その弁償が不十分であったり、遅れたりする場合には、国民健康保険や老人保健で治療を受けることがで
きます。
 国保や老保を使い診療を受けるときは、「第三者行為による被害届」を健康課国民健康保険係に提出してく
ださい。ただし、加害者から現実に治療費を受け取っていれば、国保や老保は使えませんのでご注意くださ
い。

《届け出の際の注意》
・加害者の住所、氏名、自動車損害賠償責任保険の加入の有無を確認する。
・交通事故証明書を取り寄せる。・国民健康保険証(老人保健の場合は老人医療受給者証)と印鑑を持参する。

《事故に遭ったときの心得》
・軽いけがだと思っても、必ず警察へ届ける。
・免許証、車検証、保険証などで相手を確認する。
・自動車のナンバーを控える。・示談をする前に健康課国民健康保険係(内線163)へ相談する。

このページのトップへもどる
冬期間の消防水利確保にご協力を

 市内の町江川・上江川は、火災時の消防水利として利用しています。
 このため、大事な消防用水としての江川に雪を大量に捨てると江川が詰まり、また、あふれた水が川沿いの
家屋の床下に浸水し、大きな被害となります。
 屋根の雪下ろしや除雪の際には次の点に注意をしてください。

@屋根の雪下ろしをしたときは江川に捨てないで、早めに処理をしてください。
A江川に水が流れていないときは絶対に雪を江川に投げ入れないでください。
B消火栓や防火水槽の近くには車を駐車しないでください。火災時に消火活動の支障となりますのでご協力ください。

問い合わせ 加茂地域消防本部(рT2−1770)へ
このページのトップへもどる
年末年始の火災予防

 年末年始は一年中でもっともあわただしく、防火に対する注意を怠りがちです。この時期、過去に幾度となく火災が発生しています。
 火災を起こさないことは大切ですが、もし出火した場合は初期消火、早期通報、安全な避難が肝心です。火が大きくなってからでは手遅れです。年末年始を楽しく過ごすためにも忙しい時こそ「火の用心」を心がけてください。

 「いのちを守る3つの習慣」
@ストーブは燃えやすいものから離したところで使用する。
A寝たばこは絶対やめる。
Bガスこんろなどのそばを離れるときは必ず火を消す。

問い合わせ 加茂地域消防本部(52―1770)へ。
このページのトップへもどる
骨髄バンクドナー登録 休日受付を行います

日 時 12月16日(日) 午前10 時〜午後3時
会 場 県央サティ2階サティホール

ドナー登録をするには
@事前に電話で予約をします。(20〜50歳までの健康な方)
A当日、受付後にビデオなどを見て登録協力の確認をします。
B問診後、採血(約10cc)検査をします。
※予約受付は50人までです。なお、50人に満たない場合は当日会場でも受け付けします。
 登録の所要時間は40分くらいです。

予約・問い合わせ 平日の午前8時30分から午後5時までに三条保健所医薬予防課(36―2362)へ。
このページのトップへもどる
農業用軽油免税証 申請は12月21日まで

 農業用の軽油免税証明(春耕と刈り取り用)は、農業協同組合と石油販売業者で希望農家分を取りまとめ、一括交付申請します。
 免税を希望する人は、お近くの農協か石油販売店で申請手続きをしてください。必要な書類は下表のとおりです。

受 付 12月21日(金)まで。

必要書類一覧
     申請者の区分

必要な書類等
新規
申請
継続申請
機械および構成員を変更 その他
免税証交付申請書
耕作面積証明書(農業委員会で交付)
印鑑(認印)
使用者証交付申請書
使用者証登録事項変更申請書
機械購入(所有)証明書(農機具店または税務課で交付)

問い合わせ 三条財務事務所課税課(36―2206)へ。
このページのトップへもどる
無料 糖尿病相談会

 糖尿病に関することなら何でもご相談ください。秘密は固く守られます。栄養士がいますので、お気軽においでください。

日時・場所
  12月13 日(木)市役所市民相談室
  2月14日(木)中央コミュニティセンター

時 間 午後1時30分〜4時30分
※偶数月の第2木曜日に実施します。前日までに予約を健康課までお願いします。

問い合わせ 健康課衛生係(内線165)へ。
このページのトップへもどる
事業用償却資産の申告 1月21日まで

 固定資産税は土地や家屋のほか、償却資産の所有者にも課税されます。
 課税対象となる償却資産は、平成14年1月1日現在で、事業用償却資産(農業を含む)を所有している人から申告していただきます。後日、今年度まで申告していただいた方には、申告書をお送りします。
 また、新たに事業用償却資産を取得した人も、申告書の提出が必要となります。

主な事業用資産
 ▼井戸、ネオン、広告塔、舗装路面、給水タンク、土木施設などの構築物▼工作機械、土木建設機械、木工機械などの機械・装置▼漁船、釣船、ボートなどの船舶▼特殊自動車、車両および運搬具▼切削工具、測定工具、金型などの工具▼接客業用の敷物、家具、電気機器、室内装飾品などの器具備品▼乾燥機、もみすり機および軽自動車税の登録をしないトラクター・田植機・コンバイン、造林・伐採用の農林業用機具など

申告期限 1月21日(月)

申告場所・問い合わせ 税務課資産税係(内線124)へ。
このページのトップへもどる
守ります あなたの安全 110番

 1月10日は「110番の日」です。110番は、事件・事故に遭ったときや、見たり聞いたりしたときに、警察に通報する大切な緊急電話です。
 早い110番通報が事件や事故の早期解決に結びつきますので、ご協力をお願いします。

◆こんなときは迷わず「110番」
・事件や事故を見たとき
・ドロボウなどの被害に遭ったとき。
・倒れている人を見たとき。
・押し売りが来て困っているとき。
・指名手配犯人に似た人を見たとき。
・その他、急いで警察に知らせたいことがあるとき。

 110番すると、係員が次の順序で尋ねますので、落ち着いてお話しください。
@何がありましたか(事件ですか、事故ですか)。
Aいつですか(○時○分ころです)。
Bどこですか(市町村名、番地等)。
Cあなたの住所、お名前、電話番号など。

◎急を要しない相談などは、安心の相談ダイヤル「#9110」番にお願いします。

問い合わせ 加茂警察署(52―0110)へ。
このページのトップへもどる
新潟県交通事故相談所(無料)

 県が実施している交通事故相談所で、どなたでも利用できます。専門の相談員がアドバイスをします。電話相談にも応じています。

相談日 月曜〜金曜日(祝日を除く)午前9時〜午後3時

会場 県庁1階交通事故相談所(025―285―5511)※より適切な相談にするため、交通事故証明書をご持参ください。

このページのトップへもどる

ホームページお知らせ版のトップページへ