広報かも お知らせ版 平成13年5月15日号

5月20日(日)
(上)早朝、公民館主催の探鳥会が加茂山で行われました、どんな鳥たちが見つけられたのでしょうか?
(下)県スポーツフェスティバル中越大会ラケットテニス大会の様子です。
(上)出品総数697点の書道展が市民体育館で開催中です(21日まで)。
(下)青海神社のお祭りの様子です。

加茂川一斉清掃 6月3日(日)朝6時から 【雨天の場合10日(日)】

自動車税の減免申請は5月24日(木)まで
  軽自動車税の減免、普通自動車税の減免

在宅介護手当と高齢者・障害者住宅整備資金貸付

加茂生活学校メンバー募集

市民プール・子どもプール  監視員募集

消防設備士試験について

無料パソコン講習会受講生募集 6・7月分申し込み

医療費のお知らせ(あなたの医療費ご存じですか)

歯っぴぃスマイル加茂 〜無料歯科健診・相談〜

子宮がん、乳がん、骨密度検診

老齢基礎年金 減額率・増額率が変わります(国民年金)

はたちになったら国民年金

健康ウォーク今年は秋に開催
  健康ウォークは毎年5月に実施してきましたが、今年は秋に行う予定です。日程などは決まりしだい広報でお知らせします。

暮らしのカレンダー

加茂祭り中大通りは駐車禁止です

 5月20日(日)から22日(火)までは、青海神社春季祭礼のため、大通りの穀町から上町の駐車帯には駐車できません。
 ご協力をお願いします。

問い合わせ商工観光課観光係(内線131)へ。



加茂川一斉清掃 6月3日(日)朝6時から 【雨天の場合10日(日)】

 加茂市環境衛生協議会では、6月3日(日)午前6時から7時まで、加茂川一斉清掃を実施します。河川美化のため、多数の参加をお願いします。
 雨天のときは10日(日)に順延になります。

▼午前5時45分に花火でお知らせします。
▼午前6時までに受け持ち区域にお集まりください。
▼手袋、ゴム長靴、ほうき、草刈りカマなどをご用意ください。

【清掃のしかた】
▼川の中のごみ拾いと、河川敷の草刈り、ごみ拾いなどの清掃です。
▼燃えるごみ、ガラス、鉄類、草類に分けてください。
▼集積場所は、それぞれの橋間に表示してあります。

   問い合わせ 環境課生活環境係(内線151)へ。




このページのトップへ戻る



自動車税の減免申請は5月24日(木)まで

 身体の不自由な人などが自家用車を使用する場合、普通自動車または軽自動車1台に限り、一定の要件を満たした場合自動車税の減免を受けることができます。申請は5月24日(木)までです。

  軽自動車税の減免
▼身体の不自由な人が運転する場合
  身体障害者手帳、運転免許証、印鑑、軽自動車税納付書を持って税務課民税係へおいでください。

▼同居者が代わって運転する場合または、身体の不自由な人のみで構成される世帯の人を常時介護する人が運転する場合
  前記と同じものをお持ちになり、福祉事務所で証明を受けた後、税務課民税係へおいでください。
  なお、通院や通勤、通学に車を使っているときは、病院や勤務先、学校の証明が必要です。証明書用紙は
 福祉事務所にあります。また、知的障害を持つ人で一定の基準に当てはまる人も減免されます。

問い合わせ 税務課民税係(内線121)へ。

  普通自動車税の減免
 必要な書類と手続きは軽自動車税の場合と同じですが、車検証が必要です。また、申請先が三条財務事務所などになりますので、あらかじめ申請先、必要書類などを確認のうえ申請してください。

 自動車の譲渡や名義変更
 自動車を下取りまたは譲渡したときは名義変更の手続きを、車検切れの自動車をお持ちの人は廃車の手続きを、忘れずに行ってください。

問い合わせ 三条財務事務所(三条市興野、三条総合庁舎内36−2213)へ。

          自動車税の納期限は、5月31日(木)までです。


このページのトップへ戻る


在宅介護手当と高齢者・障害者住宅整備資金貸付

在宅介護手当

 65歳以上の寝たきりや痴ほうの人、または重度心身障害者を家庭で介護している人に、介護手当を支給します。

支給対象者 加茂市に住所のある次の@からBまでのいずれかに該当する人と同居し、生活を共にしている人で、常時その人の介護に当たっている人。
 @65歳以上の、寝たきり状態の人で、常時介護が必要な人。
 A65歳以上の、痴ほう症状の人で、常時介護が必要な人。
 B身体障害者手帳1級または療育手帳Aを持っている在宅の人で、常時介護が必要な人。
  ※介護に当たっている人が家族の中で何人かいる場合は、主に介護に当たっている人1人になります。

支給額 月額5千円(年額6万円)

支給期間 申請のあった日の属する月から受給資格を失った月まで。

支給月 7月、10月、1月、4月の年4回。それぞれ前月分までを月末に支給します。

支給方法 口座振込

支給停止 介護が必要なお年寄りなどが、病院・施設などに1カ月のうち15日を超えて入院・入所したときは、その月の手当は支給停止になります。

受給資格の消滅 介護が必要なお年寄りなどが死亡、市外転出、病院・施設などに長期入院・入所したときなどは、受給資格がなくなります。
※申請時、調査票に基づいて地区の民生委員さんが調査に伺いますので、ご協力ください。


高齢者・障害者住宅整備資金を貸付

高齢者や障害者の専用居室などを、増改築または改造するために必要な資金の貸し付けを行います。

対象者 @高齢者(60歳以上)と同居する親族。
     A身体障害者手帳(1〜4級)または療育手帳(A)の交付を受けている人、もしくは同居の親族。

貸付限度額 250万円

利 率  年2.3%

償還方法 元利均等による月賦、半年賦または年賦償還で10年以内。

保証人 原則として市内に住所のある人が1人必要です。

問い合わせ 福祉事務所(内線173)へ。


このページのトップへ戻る


加茂生活学校メンバー募集

 今年は主に食生活の安全と健康について考えます。
 具体的には遺伝子組み替え農作物やバイオテクノロジー、表示の問題などについて学習します。また、他団体との交流会や施設見学、リフォーム講習会、味噌作りなどの活動も行います。

対 象 家庭で消費活動の中心になっている人。

期 間 6月から平成14年5月まで。毎月1回の予定で学習会を開きます。

場 所 公民館研修室ほか。

会 費 年額1,000円

申し込み 5月31日(木)までに商工観光課(内線132)へ。随時受付もします。

開校式  6月9日(土)午後1時30分から公民館第1研修室で行います。また、あしたの新潟県を創る運動協会事務局長、関良策さんから遺伝子組み替えについての話を伺います。


このページのトップへ戻る


市民プール・子どもプール  監視員募集

資 格 18歳以上の市民、市内の大学生、短大生、専門学生。

期 間 6月26日〜8月31日

勤務時間 午前9時〜午後5時30分

募集人員 20人程度

賃 金 日額6,600円

締め切り 5月31日(木)

申し込み 勤労者体育センター内社会体育係(53−2206)へ。


このページのトップへ戻る


消防設備士試験

試験種別 全類

受 付 5月21日(月)〜6月1日(金)

試験日 6月27日(水)

試験地 新潟市、長岡市、上越市 願書

問い合わせ 加茂地域消防本部予防課(52−1770)へ。)


このページのトップへ戻る



無料パソコン講習会受講生募集 6・7月分申し込み 5月25日まで
〜抽選に漏れた人も再度申し込みを〜 

 市では、初めてパソコンに触れる方を対象に、国のIT関連事業で無料のパソコン講習会を開催しています。
 6・7月の開講日程は下表のとおりです。

内 容 パソコンの基本操作、インターネットの利用、ワープロ文書の作成、電子メールの送受信で合計12時間。
※ワード、エクセルは講習しませんので、ご注意ください。

対 象 20歳以上の人。

申込方法 電話で@からLまでのうち、第1希望と第2希望をご連絡ください。希望者多数の場合はコースごとに抽選し、受講決定後はがきでご案内します。

受付時間 月曜日から金曜日までの、午前8時30分から午後5時まで。

締め切り 5月25日(金)

申し込み 社会教育課パソコン講習係(内線461)へ。

【6月18日〜7月15日分講習日程】※各コースとも全12時間です。今後も引き続き開催します。
公民館第1研修室
各コース定員20人
図書館2階視聴覚室
各コース定員19人
中央コミュニティセンター
2階会議室
各コース定員10人
下条コミュニティセンター
健康増進室
各コース定員11人
七谷コミュニティセンター
健康増進室
各コース定員11人
須田コミュニティセンター
健康増進室
各コース定員11人
1日 2回 
9:30〜16:30
6時間×2回
@6/20・27(水)

夜間 4回
18:30〜21:30 
3時間×4回
A6/19・20・21・22
(火・水・木・金)
1日 2回
9:30〜16:30
6時間×2回
B6/20・27(水)
1日 2回
9:30〜16:30

6時間×2回
C6/18・25(月)
1日 2回
9:30〜16:30

6時間×2回
D 7/3・10(火)
1日 2回
9:30〜16:30

6時間×2回
E 7/6・13(金)
1日 2回
9:30〜16:30

6時間×2回
F 7/4・11(水)

産業センター3階電算講習室 各コース定員16人
  午前 4回
9:30〜12:30
3時間×4回
G7/2・5・9・12
(月・木・月・木)
午後 4回
13:30〜16:30
3時間×4回
H7/2・5・9・12
(月・木・月・木)
  夜間 4回
18:30〜21:30
3時間×4回
I6/19・20・21・22
(火・水・木・金)

J7/2・5・9・12
(月・木・月・木)
1日 2回
9:30〜16:30

6時間×2回
K7/7・14(土)

L 7/8・15(日)
※無料パソコン講習会は、1人1回限りとさせていただきます。2月〜5月に受講した人は申し込みできません。
※各コースとも申込者が少ない場合は統合することがあります。



このページのトップへ戻る


医療費のお知らせ(あなたの医療費ご存じですか)

 国民健康保険と老人保健では、皆さんが病気などでお医者さんにかかった場合に、どれくらい医療費が支払われているかを知っていただくため、年6回(老人保健は年4回)「医療費のお知らせ」を行っています。
 お知らせの内容は、受診月と入院・通院、医科・歯科・薬局の別、受診日数および医療費の総額、受診した医療機関名です。
 皆さんがお医者さんの窓口で支払った額は、「医療費の総額」のうち次のとおりとなります。

▼一般被保険者・・・3割負担

▼退職被保険者
 本  人 ・・・・・2割負担
 被扶養者
  通 院 ・・・・・3割負担
  入 院 ・・・・・2割負担

▼老人保健受給者
  通 院 ・・・・・1割負担(月3,000円まで)または1日800円(月4回まで)
  入 院 ・・・・・1割負担(月37,200円まで)

 残りは皆さんが納めた保険税や、国からの負担金などでまかなわれています。 日ごろから自分の健康管理には十分注意し、医療費を有効に使うよう心がけましょう。

問い合わせ 健康課国民健康保険係(内線161)へ。


通知月 診療月
国民健康保険 5月 12・1月
7月 2・3月
9月 4・5月
11月 6・7月
1月 8・9月
3月 10・11月
老人保健 8月 12・1・2月
10月 3・4月
12月 5・6月
2月 7・8月


このページのトップへ戻る



歯っぴぃスマイル加茂 〜無料歯科健診・相談〜

 今年、無料歯科健診が新しく「歯っぴぃスマイル加茂」として生まれ変わります。
 「一生涯おいしく食べられる歯と歯ぐきの健康づくり」をテーマに内容も一新し、楽しい催しが盛りだくさんです。どなたでも参加でき、プレゼントも用意してお待ちしています。

日 時 6月3日(日)午前10時〜午後3時

会 場 市役所1階ロビー

対 象 子どもからお年寄りまで、どなたでもどうぞ。妊婦さんもぜひおいでください。

内 容 @歯医者さんによる健診・相談コーナー。
     A歯医者さんの歯によいお話し会(午前11時と午後2時の2回)。
     Bお口の中のお手入れ紹介。
     C歯にオイシイおやつ紹介。
     Dみんなで手型をつくろう。

問い合わせ 健康課衛生係(内線165)へ。


このページのトップへ戻る



子宮がん、乳がん、骨密度検診

 3種類の検診を同じ日に行います。2月に検診の申し込みをした人には、案内書を郵送します。
 申し込みをしなかった人も受診でき、科目も選べますのでおいでください。

対 象 ▼子宮がん、乳がん検診は30歳以上の人。
     ▼骨密度検診は30歳以上69歳以下の人。

検診料 子宮がん検診 400円
      乳がん検診  100円
      骨密度検診  500円

その他 健康手帳をお持ちの人はご用意ください。

問い合わせ 健康課衛生係(内線162)へ。

検診日程

実施日 会  場 時  間
5/29(火) 下条体育センター 午前9時30分〜10時30分
午後1時〜2時
5/30(水) 須田コミュニティセンター 午前9時30分〜10時30分
七谷コミュニティセンター 午後1時30分〜2時30分
6/11(月) 住寺堀転作研修センター 午前9時30分〜10時30分


このページのトップへ戻る


老齢基礎年金 減額率・増額率が変わります(国民年金)

 老齢基礎年金の支給開始年齢は65歳とされていますが、本人が希望すれば60歳から65歳未満の間でも前倒しで年金をもらうことができます。これを繰り上げ請求といいます。
 この場合、早く年金を受けることができる反面、65歳で受けられる額よりも減額されてしまいます。
 この繰り上げ請求をした場合の減額率が、平成13年4月1日以後に60歳になる人(昭和16年4月2日以後に生まれた人)から変更になりました。
 また、年単位での請求が月単位の減額率で請求できるようになりました。
 1カ月が0.5%きざみとなっていますので、たとえば60歳と6カ月で請求した場合は、60歳での減額率30%から0.5%×6カ月の3%を差し引いた27%が減額率となります。
 なお、増額率についても別表のように改正になりました。
 昭和16年4月1日以前生まれの人は、改正前の減額・増額率となります。

問い合わせ 市民課国民年金係(内線113)へ。


【減額率】

請求時の年齢 改正後減額率 改正前減額率
60歳 30% 42%
61歳 24% 35%
62歳 18% 28%
63歳 12% 20%
64歳 6% 11%


【増額率】

請求時の年齢 改正後増額率 改正前増額率
66歳 8.4% 12%
67歳 16.8% 26%
68歳 25.2% 43%
69歳 33.6% 64%
70歳 42.0% 88%

このページのトップへ戻る



はたちになったら国民年金

 国民年金には、日本国内に住所を有する20歳から60歳までの人は、全員が加入することになっています。
 皆さんは、「年金なんて遠い将来のこと」と思っていませんか。しかし、私たちは世界で一番の長寿国に住んでいます。
 長生きできることはすばらしいことですが、それだけ自分の一生を長い目でみた人生設計が大切になります。 老後の生活はもちろんですが病気やスポーツ、ドライブなどによるけがで障害を負ったり、配偶者の死亡など、思いがけないことが起こるものです。そんなとき国民年金制度では、障害基礎年金や遺族基礎年金などを支給して、あなたの生活を守ります。
 また、就職し厚生年金や共済組合に加入している人で、「私は国民年金に加入していないから関係ない」と思っている人はいませんか。
 国民年金は、すべての年金制度の土台になっているものですから、厚生年金や共済組合に加入している人も、国民年金の第二号被保険者として国民年金に加入していることになっています。
 保険料も厚生年金保険料や共済組合掛金に含まれて給料から天引きされ、国民年金保険料として納付されています。
 このように国民年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を納めることで、満額の老齢基礎年金がもらえるしくみになっています。
 「20歳になったら国民年金」
を忘れずに。


問い合わせ 市民課国民年金係(内線113)へ。



このページのトップへ戻る


ホームページお知らせ版のトップページへ