広報かも お知らせ版 平成14年3月15日号

加茂山一斉清掃 4月7日朝6時30分
成人式 5月3日 文化会館で
小中学校の就学援助 新規申請は4月15日まで
廃品回収に補助 対象は古紙・アルミ類
ご利用ください 福祉の制度
加茂山リス園 4月7日(日)オープン
心身障害者にタクシー利用券
紙おむつを支給
戸籍・住民票・証明書など 市民サービスセンターで発行します
電話や郵便でも請求できます(市民課)
たしかめて火を消してから次のこと
新潟県警察官募集(既卒対象者)
「青年海外協力隊」「シニア海外ボランティア」募集説明会
ホームページ作成・親子インターネット講座
住宅新築奨励金 固定資産税相当額
市政モニター募集 締め切り3月29日
愛のかたち献血
シルバー人材センターをご利用ください


 文化会館ガイド ギャラリーガイド 新着図書案内 暮らしのカレンダー みんなのカレンダー

加茂山一斉清掃 4月7日朝6時30分

 恒例の「加茂山一斉清掃」を次のとおり実施します。
 きれいになった加茂山で雪椿まつりが開催できるよう、皆さんのご協力をお願いします。

日 時 4月7日(日)午前6時30分〜7時30分(小雨実施、雨天中止)
※実施する場合、午前6時に合図の花火を打ち上げます。 

集 合 公民館前(受け付け後順次清掃開始となります)

清掃範囲 加茂山公園一円(個人は参道付近、団体は指定区域を行います) 
清掃方法 ▼燃えるごみ、缶類、びん類の3種類に分けて集積場所に集めてください。
       ▼危険の伴わない範囲で、目につくごみなどを取り除いてください。
       ▼杉の葉は燃やさず、杉の根元に集めてください。
清掃用具 ほうきとポリ袋は用意しますが、数に限りがありますので、なるべく皆さんでお持ちください。

問い合わせ 公民館(52−1953)へ。
このページのトップへもどる

○成人式 5月3日 文化会館で

 市では、新成人として大人の仲間入りをする皆さんを祝い、成人式を行います。新成人はもとより、市民の皆さんも多数ご参加ください。

日 時 5月3日(祝)午後0時30分(受付)

会 場 文化会館大ホール

対象となる新成人 昭和56年4月2日から昭和57年4月1日までに生まれた人。案内状は4月上旬に発送します。

 また、市内の中学校を卒業した人で現在市外に住所があり、当日出席を希望する人は、公民館(52−1953)へご連絡ください。
このページのトップへもどる

小中学校の就学援助 新規申請は4月15日まで

 市では、経済的な理由で小・中学校の諸経費の支払いが困難な家庭に、就学援助を行っています。

手続き 今年度新規に援助を受けようとする人は、各学校に申請に必要な書類が用意してありますので、学校と相談のうえ、4月15日(月)までに申請書を学校へ提出してください。
※生活保護を受けている、または継続の人で既に申請が終わっている場合は手続きはいりません。
援助対象 学用品費、修学旅行費、給食費、医療費(指定されている疾病のみ)など。

問い合わせ 教育委員会学校教育課(内線451)へ。
このページのトップへもどる
廃品回収に補助 対象は古紙・アルミ類

 平成14年度も引き続き再生資源回収事業を実施します。
 実施を予定している団体はあらかじめ登録が必要となりますので、早めに登録してください。

補助対象品目
・古紙類   1kg  3円
・アルミ類  1kg 20円

対象 生徒会、PTA、青少年育成会、その他団体で資源回収活動を年1回以上実施する団体。

登録・問い合わせ 環境課生活環境係(内線151〉へ。
このページのトップへもどる
ご利用ください 福祉の制度

 ■児童扶養手当■

 離婚などで、父と生計を別にしている児童を養育している母または、母に代わって養育している方に支給されます。
対象となる児童 18歳になって最初の3月31日までの間で(障害のある児童は20歳未満)、次のいずれかに該当する児童。
・父母が離婚した。
・父が死亡した(公的年金受給児童を除く)。
・父が重度の障害者(公的年金の加算対象児童を除く)。
・父の生死が不明。
・母が婚姻によらないで出生した児童。 
※このほかにも対象となることがあります。
※支給の要件に該当してから5年を過ぎると、手当を受けられなくなりますので、早めに認定請求の手続きをしてください。

手当月額(限度額)
 1人目    4万2千370円
 2人目      5千円加算
 3人目から    3千円加算

支給制限 所得額により手当が制限されることがあります。 
              
 ■特別児童扶養手当■

 目や耳、肢体、知的発達などの障害や、日常生活が制限されるような病気にかかっている20歳未満の児童を育てている父または母、あるいは父母に代わって養育している方に支給されます(所得制限があります)。

手当月額
1級 1人につき5万1千550円
2級 1人につき3万4千330円

 ■特別障害者手当等■

 重度の心身障害のために日常生活で常時介護が必要な方に支給されます(所得制限があります)。
手当月額
20歳未満   1万4千610円
20歳以上   2万6千860円

■日常生活用具を給付■

 身体障害者手帳をお持ちの在宅の重度障害児・者を対象に、日常生活用具を給付します。
 ただし、世帯の所得に応じて一部または全額自己負担になります。給付を受けたい人は事前に福祉事務所にお申し出ください。
給付例 特殊ベッド、ワープロ、テープレコーダー、その他

■結婚祝い金■

 身体障害者の結婚をお祝いし、祝い金を贈ります。
受給資格 身体障害者手帳をお持ちの人で、婚姻届または結婚式を済ませた市民。

祝い金 1・2級 1万8千円、 3・4級 1万4千円、5・6級 1万円

■就労祝い金■

 母子世帯で、高校生以下のお子さんが初めて就職されたとき、お祝いとして1万円が贈られます。

■母子・寡婦福祉資金の貸付■

 母子福祉資金 20歳未満のお子さんを扶養している母子家庭のお母さんに県がお貸しします。
寡婦福祉資金 お子さんが20歳以上で母子福祉資金が借りられなくなったお母さん、40歳以上の単身女性に県がお貸しします(ただし、所得制限があります)。

貸付の種類 修学、就学支度、事業開始、事業継続、技能習得、就職支度、療養、生活、住宅、転宅、修業、結婚、児童扶養の各資金

■介護人派遣事業■
(母子・寡婦・父子家庭等)

 母子・父子家庭の父母または、寡婦の方が傷病やその他一定の事由により、一時的に介護・保育などのサービスが必要な場合、もしくは父子家庭等となって間がなく、生活が安定するまでの世帯に無料(所得制限限度額以上の場合は自己負担)で介護人を派遣します。介護を受けるにはあらかじめ登録が必要です。

問い合わせ 福祉事務所児童障害係(内線172)へ

このページのトップへもどる

加茂山リス園 4月7日(日)オープン

 加茂山の人気者、シマリスとキタリスが皆さんのおいでをお待ちしています。今年もかわいがってください。

開園時間 午前10時〜午後4時(6月から8月までは午後5時まで)
休園日  毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日または振替休日のときは翌日)

問い合わせ 加茂山リス園(53−3698)へ。

このページのトップへもどる

心身障害者にタクシー利用券

 心身障害者の人に、4月1日からのタクシー初乗り運賃利用券を、年間20枚支給します。
対象者 ▼身体障害者手帳1・2級の人または、3級の交付を受けている人で、下肢障害、体幹障害、心臓障害、腎臓障害のある人。
     ▼療育手帳Aの交付を受けている人。

受 付 4月1日(月)から。

申請に必要なもの 印鑑、身体障害者手帳または療育手帳。

このページのトップへもどる

紙おむつを支給

 常時おむつを使用している人(寝たきりの高齢者・痴呆性高齢者・重度心身障害者で、身体障害者手帳1級・2級、または療育手帳Aの交付を受けた人)に、紙おむつ購入助成券(1枚2千円相当)を年間12枚支給します。

申請・問い合わせ 社会福祉協議会(市役所1階52−6667)へ。
このページのトップへもどる
戸籍・住民票・証明書など 市民サービスセンターで発行します

 市では、上町の中央コミュニティセンターに市民サービスセンターを併設しています。
 届け出を除く戸籍謄・抄本や住民票の写しなどの交付、各種証明書の発行、各課への申請書の受け付けなどを行っています。
 また、市役所業務全般についての相談もお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

【市民課関係】
・戸籍(除籍)謄・抄本
・戸籍(除籍)記載事項証明書
・届書記載事項証明書(死亡診
 断書の写しなど)
・戸籍(除籍)の附票の写し
・住民票(除票)の写し 
・住民票記載事項証明書
・印鑑登録証明書
・年金受給者現況届の証明
・老齢給付裁定請求書の証明
・身分証明書

【税務課関係】
・所得証明、納税証明、資産関
 係の証明書

【その他】
・各課への申請書の受付
・市役所全般についての相談

開設時間▼月曜〜金曜日 午前8時30分〜午後5時
      ▼土曜日 午前8時30分〜正午
休館日 日曜、祝日、年末年始

問い合わせ 市民サービスセンター(53−1180)へ。

このページのトップへもどる
電話や郵便でも請求できます

 市民課では、昼間忙しくて市民課の窓口や市民サービスセンターにおいでになれない人のために、電話予約や郵便でのサービスを行っています。

【電話予約できるもの】
▼住民票の写し(予約できる人は、本人または家族)
予約受付時間 平日の午前8時30分から午後5時まで。
予約先 市民課市民係交付時間と交付場所
・執務時間内 市民課窓口
・執務時間外 管理室(市役所通用口わき、午後9時まで)

【郵便請求できる主なもの】
▼戸籍(除籍)謄・抄本
▼住民票(除票)の写し
請求方法 本籍、筆頭者、住所、世帯主、必要な人、使途、通数、電話番号等を便せんなどに記入し、80円切手をはった返信用封筒と手数料分の定額小為替を同封し、ご請求ください。

問い合わせ 市民課市民係(内線111)へ。
このページのトップへもどる
たしかめて火を消してから次のこと

 4月1日から7日まで、春の火災予防運動が実施されます。
 この季節は空気が乾燥して火災が発生しやすい気候となります。「たき火」や「たばこの投げ捨て」で、枯れ草などから火災が発生し春風にあおられ拡大する恐れのある、最も気をつけなければならない時期になります。
火災を1件でも少なくするため、県下一斉に春の火災予防運動が実施されます。
 加茂地域消防署では、期間中に火災予防の強化を図るとともに、消防職員、団員による一般家庭の防火の呼びかけを行います。各家庭でも、いっそう火気の取り扱いに注意してください。

【火の用心3つの習慣】
@ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
Aガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
B寝たばこは絶対にやめる。

問い合わせ 加茂地域消防本部(52−1770)へ。
このページのトップへもどる
新潟県警察官募集(既卒対象者)

 新潟県警察では、次の内容で大学卒業者および、大学卒以外の警察官(男女)を募集します。

◆警察官A(大卒者) 昭和47年4月2日以降に生まれた人で、平成14年10月1日から勤務可能な人。かつ、4年制大学を卒業した人または、平成14年9月30日までに卒業見込みの人。

◆警察官B(大卒者以外) 昭和49年4月2日から昭和59年4月1日までに生まれた人で、平成14年10月1日から勤務可能な人。

受 付 3月26日(火)〜4月19日(金)
第1次試験 5月19日(日)

採用日 10月1日警察学校入校

問い合わせ 加茂警察署総務課(52−0110)または、最寄りの交番、駐在所へ。
このページのトップへもどる
「青年海外協力隊」「シニア海外ボランティア」募集説明会

【青年海外協力隊】
【日系社会青年ボランティア】
対 象 20歳から39歳までの人。
新潟会場 ▼万代市民会館(新潟市東万代町9)4月11日(木)
       ▼新潟厚生年金会館(新潟市南万代町1)5月16日(木)
長岡会場 ▼アトリウム長岡(長岡市弓町1)5月8日(水)
※時間はいずれも午後6時30分から8時30分までです。

【シニア海外ボランティア】
対 象 40歳から69歳までの人。
日 時 4月25日(木)午後6時30分〜8時30分
会 場 万代市民会館
募集期間 各4月10日〜5月20日

問い合わせ 県庁総合政策部国際交流課交流推進係(рO25−280−5511)へ。
このページのトップへもどる
ホームページ作成・親子インターネット講座

【ホームページ作成講座】
日 時 3月25日(月)〜27日(水)午後6時30分〜9時
定 員 10人
受講料 1万5千円

【親子インターネット体験講座】
日 時 3月23日(土)、24日(日)午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分(1コース2時間)

対 象 小学生と親定 員 10組20人
参加料 1組千円
会 場 三条・燕地域リサーチコア(県央地場産センター別館)

問い合わせ 三条・燕地域リサーチコア情報事業部(32−5808)へ。

このページのトップへもどる
住宅新築奨励金 固定資産税相当額

自ら居住する住宅(持ち家住宅)を新築する人および、店舗などと併用する住宅(併用住宅)を新築する人で、次に該当する人は住宅新築奨励金(固定資産税額相当分)が交付されます。
対象となる住宅 @一般の持ち家住宅。
           A公共事業などにより新築する持ち家住宅および併用住宅。
対象住宅指定の申請
 ▼対象住宅の指定については、指定申請をしてください。
 ▼添付書類 建築確認通知書の写し(建て売り住宅については売買契約書の写し)、住民票

奨励金の交付申請 当該建物が完成し、固定資産税が課税され税金を完納した後で、奨励金の交付申請をしていただくことになります。

交付金 @一般の持ち家住宅については1年間。
     A公共事業などにより新築する持ち家住宅および併用住宅については3年間。
 それぞれ280平方メートル(併用住宅についてはそれぞれの部分で280平方メートル)を限度に固定資産税相当額を交付します。

問い合わせ 建設課管理係(内線215 )へ。
このページのトップへもどる
市政モニター募集 締め切り3月29日

 住みよいまちづくりのため、平成14年度の市政モニターを募集します。

仕 事 市政への意見・要望、モニター会議への出席など。
応募資格 4月1日現在20歳以上の加茂市民。ただし、国・県・市の議員と職員および、その家族は応募できません。
定 員 20人
任 期 委嘱の日から平成15年3月31日まで。
謝 礼 年額8千600円
締め切り 3月29日(金)

応募方法 はがきに住所、氏名、生年月日、職業、電話番号を記入し、「市政モニター応募」と明記のうえ、市役所総務課広報広聴係(内線323)へ申し込んでください。
このページのトップへもどる
愛のかたち献血

●献血には3つの方法があります
 献血には 200ml献血、 400ml血、成分献血の3つの方法があります。
 このうち、献血車では 200ml献血と 400ml献血をお願いしています。
 成分献血は、献血ルームばんだい、東堀献血ルーム(以上新潟市)と、きたまち献血ルーム(長岡市)で行っています。
 私たちの体内の血液の量は個人差はありますが、男性は体重の約8%、女性は約7%といわれています。体重60sの男性では約 4,800ml、体重50sの女性では約 3,500mlの血液量となります。
 医学的には、普通の人は体内の血液量の15%以内(男性 720ml、女性 525ml)が失われても身体上の問題はありません。
  400mlの献血も日常生活や健康に差し障りはないといわれています。
 今まで 800mlの輸血をする際、 200mlの献血の場合では4人分の血液が必要でしたが、 400ml献血の実施によりその半分の2人分で済むようになりました。
 このように少人数の献血者の血液を輸血に用いることができるため、未知の肝炎などの感染症や、その他の輸血による副作用を大幅に減らすことが可能になります。
  400ml献血は量の確保という面ばかりでなく、輸血の安全性を高めるためにぜひとも必要なことです。

●20歳代の男女が最大の献血世代
 献血者を男女別にみると、だいたい男性が60%、女性が40%の割合になっています。
 男性に比べ女性の献血者が少ないのは、貧血、低血圧、体重が軽すぎること、妊娠などの要因が考えられます。しかし、唯一10歳代の若い献血者では、女性の割合の方が高くなっています。
 年代別の献血者は、20歳代がトップで全国で約 195万人、全体の32%を占めています。
 10歳代、20歳代の若い年代の人は、肝炎ウイルスや成人T細胞白血病ウイルス、あるいはサイトメガロウイルスの感染率が低いことから、献血者としてより理想的といえます。
 次いで30歳代、40歳代、50歳代、10歳代、60歳代の順ですが、最も少ない60歳代でも全国で約19万人もの皆さんが献血に協力しています。

平成14年度加茂市の献血日程

【 400ml・ 200ml献血の日】           受付時間
◆7月21日(日)リオン・ドール加茂店  午前10時〜午後0時30分
                        午後1時30分〜3時30分
◆8月22日(木)市民体育館前      午前9時30分〜午後0時30分
◆10月10日(木)母子健康センター前  午前9時30分〜11時30分
◆1月19日(日)リオン・ドール加茂店  午前10時〜午後0時30分
                        午後1時30分〜3時30分
◆3月24日(月)母子健康センター前  午後2時〜4時

  献血ルームは年中無休です
献血ルームばんだい(新潟市万代1、万代シネモールビル2階 0120−869950)
東堀献血ルーム (新潟市東堀通7、東堀パーク600  2階 0120−400389)
きたまち献血ルーム(長岡市喜多町1113 0120−056339)

問い合わせ 健康課衛生係(рT2−0080内線162)

このページのトップへもどる
シルバー人材センターをご利用ください

シルバー人材センターとは

 近年急速に高齢化が進行している中で、就職は望まないが月に何日か働くことにより、自らの生きがいの充実と、活力ある地域社会づくりに参加を希望する高齢者が増えています。
 シルバー人材センターは、これらの皆さんに仕事をお世話するために運営されており、地域の発展に寄与する目的を持った公共的な会員主体の団体で、営利を目的としません。

 ・センターの仕組み

 企業、家庭、公共団体などから臨時的、短期的な仕事を引き受け、これをいろいろな技能、知識、経験を持った会員にお世話します。
 会員は通常ローテーションにより就業します。就業の実績に応じてセンターで報酬を支払います。
 就業や収入の保証はありませんが、各人の希望と能力に応じた働き方ができます。会員と就業先、センターとも雇用関係はなく、労働法などの適用もありません。
 ただし、会員が安心して働けるようにシルバー人材センターには、就業規約やシルバー保険等(傷害、賠償責任)が設けられています。
 また、会員の技能、技術を高めるため各種の講習会を実施しています。会員同士で趣味のサークル活動や親睦の旅行、忘年会なども行っています。

 ・こんな仕事を引き受けます

 シルバー人材センターは、人生経験豊かな高齢者がたくさん登録していますので、どんな仕事もまじめで丁寧と評判です。
◆毛筆、ペン字の筆耕、賞状書き、あて名書き、受付事務、パソコンなど。
◆庭木手入れ、樹木の消毒、ふすま・障子はり、大工仕事、ペンキ塗り、運転業務など。
◆屋内外の一般作業 草取り、草機械刈り、清掃、包装、片付け、事業所軽作業など。
◆家事手伝い、観光ガイド、チラシ・券の配布、施設の管理など。
その他、簡単で危険を伴わない高齢者向きの仕事がありましたら、電話でご相談ください。

 ・仕事を申し込むには

 臨時的、短期的に人手が足りないというときは、シルバー人材センターへお気軽に電話をしてください。職員が相談や見積もりに応じます。
 収益を目的としていない公益的・公共的な団体ですので、一般的に割安です。
 仕事についてはセンターが責任を持って請け負いますが、高齢者の安全に配慮して、危険・有害と思われる仕事や、責任負担が予測される仕事などは、お引き受けできない場合があります。
 また、会員の就業は雇用ではありませんので、仕事中のけがや事故が発生したときは、シルバー団体傷害保険で対応します。

  ・いろいろな講習会に参加できます

 シルバー人材センターでは、仕事に役立つ講習会をいろいろと開催しています。
 会員の技術向上のためや、安全な就業を推進するために行うもののほかにも、会員同士の親交を深めるための講習会もたくさんあります。
 会員以外の人も受講できる講習会を予定していますので、希望者はお申し込みください。

 ・平成14年度の予定
 ▼庭木せん定講習会(6月)
 ▼草刈り機、チェーンソー 取り扱い講習会(7月) 
 ▼冬囲い技能講習会(10月)
 ▼家庭介護講習会(2月)
 ▼ふすま、障子はり講習会(3月)

 対 象 おおむね60歳以上の人。

 受講料 無料

 申し込み 日程などが決まりましたら希望者にご案内しますので、4月30日までにお申し込みください。

 ・入会するには

 加茂市内にお住まいのおおむね60歳以上の人で、健康で働く意欲があり、センターの趣旨に賛同する人であれば、どなたでも入会できます。
入会説明会 毎月第2金曜日(祝日は前日)午前9時30分から正午まで、老人福祉センター「ゆきつばき荘」2階で行っています。

 年会費  600円 

 ・加茂山公園を ご案内します

 雪椿まつり期間中の土曜・日曜日と祝日は、むらさき色のユニフォームを着たシルバーガイドが加茂山公園を回っています。お気軽に声をかけてください。
案内期間 4月7日〜29日(ただし、21日は除きます)
 ※シルバーガイドは、ご希望があればいつでも加茂山公園をご案内します。希望日の3日前までに、シルバー人材センターに申し込んでください。
 案内料金は無料です。

 ・第6回会員作品展

 シルバー人材センターでは、会員が趣味やサークル活動に参加しながら作った作品展を開催します。
 会場内には展示コーナーのほかにも、実演コーナー、入会相談や仕事の受注コーナーも設置し、皆さんのご来場をお待ちしています。

日 時 3月23日(土)、24日(日)午前9時〜午後5時(24日は午後4時まで)
会 場 ゆきつばき荘

展示作品 書道、絵画、写真、掛け軸、陶芸、手芸、民芸品、そで垣、屏風、竹細工など。
実 演 そば打ち、竹細工
実演時間 午前10時と午後2時の2回(24日は午前のみ)。

問い合わせ シルバー人材センター(ゆきつばき荘内 рT3−1772)へ。

このページのトップへもどる

ホームページお知らせ版のトップページへ