市指定

 考古資料

七谷水源池遺跡出土品名 称 七谷水源池遺跡出土土器(3点) (ななたにすいげんちいせきしゅつどどき)

所有者 加茂市教育委員会

指定年月日 昭和50年1月12日

年 代 縄文時代中期

 昭和30年、加茂市が上水道水源として宮寄上たのくら沢に貯水用ダム建設中、池底になる予定の大俣川右岸段丘中央部から遺物が発見された。採取されたのは後に復元された土器3個を含めて、多数の土器片、石器、石棒である。炉の一部が発見されている。縄文中期中葉の遺跡である。


千刈遺跡出土土器名 称 千刈遺跡出土土器(14点) (せんがりいせきしゅつどどき)

所有者 加茂市教育委員会

指定年月日 昭和50年1月12日

年 代 古墳時代後期


名 称 丸山遺跡出土品(230点) (まるやまいせきしゅつどひん)

所有者 加茂市教育委員会

指定年月日 平成15年5月13日

年 代 旧石器時代


前のページへ  加茂市の文化財トップへ