Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

加茂市はロシアのホストタウンに

ホストタウン登録・交流計画

 加茂市は、2019年1月25日にホストタウン第12次登録を内閣官房東京オリパラ推進本部事務局に申請し、ロシアを相手国とした今後の交流計画等が認められ、2019年2月28日に「ホストタウン」として登録決定されました。

 今後、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、ロシアを相手国とした人的・経済的・文化的な相互交流を実施していきます。

 ロシアとの交流の一環として、2019年7月と2020年7月にロシア男女体操チームの東京オリンピック事前キャンプを実施する予定です。

加茂市交流計画の概要

□□ ホストタウンとは □□

 日本の自治体と、2020年東京大会に参加する国・地域の住民等が、スポーツ、文化、経済などを通じて交流し、地域の活性化等に活かしていくものです。ホストタウンに登録されると、特別交付税等の財政措置を受けられます。

※全国の登録状況等ホストタウンに関する詳細は、首相官邸「ホストタウンの推進について」をご覧ください。

問い合わせ 勤労者体育センター内社会体育係  0256-53-2206

このページの先頭へ ホーム