Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性の方へ
 風しん追加的対策<風しん抗体検査・予防接種のお知らせ>

 風しんは、風しんウイルスに感染した人の咳やくしゃみ、会話などで飛び散る飛沫(しぶき)を介して感染します。
 成人が感染すると関節の強い痛み、高熱や発しんが長く続くなど、症状が重くなることがあります。また、妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、おなかの中の赤ちゃんにも感染し、赤ちゃんに障害が残ることがあります(先天性風しん症候群)。
 風しんは過去にも流行を繰り返しましたが、平成30年7月下旬頃から関東地方を中心に患者数の報告が増加しました。これを受け、厚生労働省は平成30年12月に風しんの感染拡大防止のため、過去に定期接種の機会がなかった、抗体保有率の低い世代の男性に対する抗体検査・予防接種を2021年度末まで定期として実施することを発表しました。

 この風しん追加的対策で、抗体検査・定期接種の対象となるのは、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性です。対象の方には段階的にクーポン券を送付します。
 ワクチンの効率的な運用のため、まずは抗体検査を受け、十分な抗体がない方にのみワクチン接種をします。

風しん追加的対策 クーポン券について
 対象者のうち、2019年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた方にクーポン券をお送りしました。
 クーポン券をお送りしていない対象者で、抗体検査や予防接種を今年度希望する方には、申出によりクーポン券を発行します。

送付されたクーポン券を使えば、無料で抗体検査・予防接種を受けられます。
@まず抗体検査を受けましょう。抗体検査は血液を採取します。
 お勤め先の事業所検診、市町村の実施する特定健診、または全国の実施機関で受けることができます。くわしくはお勤め先や受診する実施機関に事前にご確認ください。
A抗体検査の結果、抗体がないと判定された方は、予防接種を受けましょう。
 抗体価が基準以上の方は定期予防接種の対象となりません。
 定期予防接種についての説明についてはこちら
※受診の際、@についてはクーポン券(はがさずそのままお持ちください)、本人が証明できる書類(免許証や保険証など)、Aはこれらに加えて抗体検査結果が必要です。忘れると受けることができません。
※@Aともに、全国の実施健診機関、医療機関リストは厚生労働省のホームページをご覧ください。加茂市・田上町の実施医療機関は次のとおりです。

加茂市・田上町の実施医療機関(2019年度)  事前に予約が必要です。
医療機関名住所電話番号
 県立加茂病院 加茂市青海町1-9-1 52-0701
 いからし小児科アレルギークリニック 加茂市幸町2-9-23 53-2250
 監物小児科医院 加茂市旭町7-11 52-0800 
 小池内科消化器科クリニック 加茂市仲町1-37 53-3355
 さくらクリニック 加茂市寿町9-10 52-9511
 徳友医院 加茂市高須町1-6-11 53-0167
 皆川小児科医院 加茂市神明町2-7-9 53-3530
 吉田内科医院 加茂市柳町2-5-4 57-7511
 鷲塚内科医院 加茂市穀町7-7 52-2054
 須田医院 田上町大字羽生田丙151-14 41-5025
 星野内科医院 田上町大字川船河甲1330-6 41-4141
 田上診療所 田上町大字田上丙1225 57-5015

お問合せ先:加茂市健康課 加茂市役所1階
TEL:0256-52-0080 FAX:0256-52-0285
メールアドレス kenko@city.kamo.niigata.jp
このページの先頭へ ホーム