Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    
""

■青海神社 春季祭礼(加茂まつり)  5月20日、21日 ※御神幸行列は21日です

 青海神社は加茂山にあり、平安時代に書かれた「延喜式神名帳」にもその名が見られる古い神社です。
 西暦794年、都が京都に移されるとともに、加茂も京都賀茂神社の社領になり、市名「加茂」も賀茂神社から由来したものです。

 「加茂まつり」の名で親しまれている青海神社春季祭礼は、加茂市の伝統あるまつりの中で最も盛大であり、御神幸行列では、母親が生後1年位の 乳児に色あざやかな産衣を着せて参加し、わが子の健やかな成長を祈願することから「乳母まつり」とも呼ばれています。

 ○開催日  毎年5月20日(宵宮) 〜 21日(本宮)
          ※21日の御神幸行列は、午後2時に青海神社を出立し市内を巡ります。

 ○場 所   青海神社(加茂市大字加茂229) ほか 加茂市内         

青海神社
青海神社

大鳥居


乳母行列
乳母行列
お神輿
お神輿
加茂まつりの写真 加茂まつりの写真
加茂まつりの写真 加茂まつりの写真


■青海神社 秋季祭礼  8月31日、9月1日 

 青海神社秋季祭礼は、駅前商店街を中心に100以上の露店が立ち並ぶほか、2日間で約300発の花火が上がります。

 ○開催日  毎年8月31日(宵宮) 〜 9月1日(本宮)
                 ※花火は2日間とも、20時〜21時頃に上がります。

 ○場 所   青海神社(加茂市大字加茂229) ほか 加茂市内


大鳥居

奉納花火



会場までの交通

電車をご利用の場合 JR加茂駅より徒歩4分

お車をご利用の場合 北陸自動車道 三条燕ICより20分


より大きな地図で 加茂まつり(青海神社) を表示

このページの先頭へ ホーム