TOP>受益者負担金

受益者負担金

 下水道を整備するには膨大な費用がかかりますが、下水道は整備することによって利用できる区域が限られているため、工事費の全てを市税でまかなうことは公平を欠くことになります。そこで、下水道が整備される区域の土地所有者の方々から、工事費の一部を負担していただくのが受益者負担金の制度です。受益者負担金は、下水道事業の大切な財源です。ぜひともご理解とご協力をお願いします。

平成29年度工事施工用の受益者負担金説明資料はこちら

1.受益者負担金を納める人(受益者)

Aさんが所有している土地

Aさんの土地にAさんが家を建て、
Aさんが住んでいる場合、Aさんが受益者
Aさんの土地にAさんが家を建て、
Bさんに貸している場合、Aさんが受益者



Aさんの土地にBさんが家を建て、
Bさんが住んでいる場合、Bさんが受益者
Aさんの土地にBさんが家を建て、
Cさんに貸している場合、Bさんが受益者


※これらは一般的な考え方で、実際には所有者と権利者の話し合いで決めていただきます。

2.負担金の額

 負担金は土地の面積に応じて負担していただくもので、その額は1平方メートル当たり540円です。
 (1坪当たりは、1,782円です。)

3.負担金の計算例

土地165平方メートル(約50坪)の場合
165平方メートル×540円/平方メートル=89,100円
これを5年間に分割し、さらに1年分を4期に分けますので、負担金の額は次のとおりになります。
第1期
(6月)
第2期
(9月)
第3期
(11月)
第4期
(2月)
年合計
1年目 5,500円 4,400円 4,400円 4,400円 18,700円
2年目 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円 17,600円
3年目 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円 17,600円
4年目 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円 17,600円
5年目 4,400円 4,400円 4,400円 4,400円 17,600円

4.負担金の猶予と減免

負担金は、下水道が整備された区域内のすべての土地が対象になります。
ただし、その土地の状況により負担金の徴収猶予や減免措置があります。
その主なものは次のとおりです。

【猶予】
猶予の対象 徴収猶予期間
農地又は山林等 宅地として使用可能となるまで
災害等で損害を受けた受益者 3年以内で市長が認める期間

【減免】
減免の対象 減免率 減免の対象 減免率
公道に準ずる私道及び水路 100% 神社・教会・寺院等の施設用地 50%
学校及び保育所用地 75% 一般庁舎用地 50%
町内会等所有の集会所用地 50% 公立病院用地 25%

5.受益者負担金納入までの手続き

現在加茂市では、公共汚水ますを設置した翌々年度から負担金の賦課が始まります。
(ただし、すでに負担金賦課が終了している地区を除きます)。

例えば、平成29年度(平成29年4月〜平成30年3月まで)に公共汚水ますを設置した方は、平成31年度に賦課が始まります。

例外として、区域賦課を設定していた地区で、農地などの徴収猶予をしていた土地に、新たに公共汚水ますを設置した場合、設置した翌年度から賦課が始まり、納付期間が5年より短く設定される場合があります。

受益者負担金賦課対象区域の位置図(PDF1.34MB)
を参考にしてください。


5-1.受益者実態調査

平成30年3月6日(火)予定 受益者申告書を送付 市下水道課から土地所有者の方(平成30年度賦課は平成28年度中に桝を設置した方)へ受益者申告書を送付します。








受益者申告書等の記入 ○受益者申告書
一般的には、土地所有者が受益者となりますが、貸している土地で権利の設定がある場合は、権利を持っている方が受益者となりますので、記名、押印してもらってください。

○徴収猶予申告者
農地・山林及び災害等により損害を受けた受益者の土地については、負担金の徴収を猶予することができますので、該当者は申請してください。

○減免申請書
公道に準ずる私道、境内地、墓地、町内会等が所有する集会場等の土地については負担金を減免することができますので、該当者は申請してください。
平成30年3月27日(火)予定 受益者申告書等を提出 市下水道課へ受益者申告書及び申請書を提出してください。

5-2負担金決定通知書・納入決定通知書を送付

平成30年6月15日(金)予定 決定通知書・納入通知書を送付 提出された申告書及び申請書により、受益者、地積等を決定し、市下水道課から受益者の方へ次の書類を送付します。
○負担金決定通知書
負担金の額及び納期を記載した通知書を作成、当初のみ通知します。
○負担金納入通知書
1年目の負担金の納付書(4期分)を作成、通知します。(翌年度以降の納付書は、各年度の6月中旬に1年分の納付書を送付します。)

5-3.負担金の納入

負担金納入通知書により市指定の市内各金融機関で納入してください。
なお、市外の金融機関でも納付の便をはかってくれます。
※翌年度以降の負担金の一括納入を希望される方は、下水道課へご連絡ください。納付書を作成し、送付します。

5-4.口座振替

負担金の納入は、預金口座から自動的に振込みができる便利な「口座振替納付」をご利用ください。手続きは、市内各金融機関の窓口に「口座振替依頼書」を用意してありますので、所定の事項を記入し通帳に使用している印鑑を押してお申し込みください。市税の納入等で口座振替を利用されている方も、新たに申し込みが必要です。

6.受益者が変わった場合

土地の売買、相続及び借地権の移動などで受益者が変わったときはすぐに「受益者変更申告書」を市下水道課へ提出してください。登記等の手続きだけでは受益者が変更になりません。必ず「受益者変更申告書」の提出が必要です。

「受益者変更申告書」(PDF:35KB)

加茂市下水道課
〒959-1392
新潟県加茂市幸町2丁目3番5号
TEL : 0256-52-0080(代表)
FAX : 0256-53-4677
加茂市浄化センター
〒959-1311
新潟県加茂市大字加茂新田4963番地1
TEL : 0256-53-0045