Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

児童手当

 児童手当は生活の安定と児童の健全な育成および資質の向上に資することを目的として中学校卒業までの児童を養育している人に支給されます。
受給できる方
・加茂市に住所があり、中学校修了前のお子さんを養育している方。
・公務員でない方。(公務員は所属団体から支給されます。)
申請に必要なもの1   
1.認定請求書(請求者はお子さんの親等、生計の中心者)    
2.銀行口座通帳(請求者名義) 
3.健康保険証の写し(国民年金以外の方、所属年金の種類を確認します)
申請に必要なもの2(該当する方のみ) 
お子さんの住所が市外にある場合…お子さんの属する世帯全員の住民票写しと、別居監護申立書
その年の1月2日以降に転入された場合…前住所地の市区町長が発行する児童手当用所得証明書
手当額(月額)
〈所得制限限度額未満〉
・3歳未満 15,000円
・3歳から小学生 第1、2子 10,000円
          第3子以降 15,000円
・中学生 10,000円
〈所得制限限度額以上〉  月額5,000円
※認定後、申請の翌月分から受給できます。(所得制限は平成24年6月分から適用)
申請から受給まで 
申請書の提出の翌月に審査、認定いたします。
認定後は2月、6月、10月の各月9日(休日の場合は前日)に各月の前月分まで(4か月分)を指定口座へ振り込みます。
受給後の諸届(届け出が遅れると手当を差止めたり、お返しいただく場合があります)
現況届…毎年6月1日現在の状況を確認する書類をご提出いただきます。
消滅届…子どもを監護しなくなった場合(離婚、別居)、市外に転出する場合に提出します。
変更届…振込口座、氏名、住所変更の場合提出します。
額改定届…出生などにより2人目以降の児童が増えた場合に提出します。

お問い合わせは、加茂市役所 福祉事務所 児童障害係まで。 tel 0256−52−0080(内線174) 


**参考事項**

「児童」とは、18歳の学年修了までの児童を言います。結婚、就職している児童は含みません。
児童手当支給対象年齢を過ぎても、18歳までは第1子、第2子、、と数えます。
受給者にとって「第3子」でも、第1子が18歳以上であれば、手当上は「第2子」になります。

リンク 厚生労働省 児童手当について

このページの先頭へ ホーム