Google
          入力されたキーワードでサイト内検索    

 加茂で「桐たんす」が作られるようになったのは、およそ200年以上前(天明年間)と言われており、日本全国の約70%の桐たんすが加茂で作られています。

 桐たんすと言えば「加茂」と言われるほど、その技術と品質は全国的に高い評価を受けています。


■伝統的工芸品「加茂桐箪笥」
 数々の逸品を生み出してきたその技は脈々と受け継がれ、その伝統と優れた品質が評価され、1976(昭和51)年、通商産業大臣から伝統的工芸品「加茂桐箪笥」の指定を受けました。

 木肌のぬくもり、絹に例えられる白い艶や、柾目の色合いは、家具の最高級品の名にふさわしいものです。

 この高い技術を生かしたものとして、近年では桐材のもつ優れた特性を生かした桐製家具や結露しない木製の「加茂サッシ」建具など、現代のライフスタイルにあった製品の開発・製造に取り組み高い成果を上げています。
桐たんすの製作

桐たんすの製作
桐たんす製作のようす

加茂市産業センターで展示されている桐たんすなど

産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど 産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど 産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど
産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど 産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど 加茂市産業センター 物産展示場
住 所  新潟県加茂市幸町2−2−4
      рO256−53−3450

産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど 産業センター物産展示場に展示してある桐たんすなど

リンク

  加茂箪笥協同組合のページへ 桐たんすや桐製品の紹介など

このページの先頭へ ホーム