初心者日本画教室

湯沢カヨ先生のご指導で
月2回、水曜日午後からの教室です。
8人の受講生が、初めての日本画に挑戦しています。

伝統的な技法の基本は、なかなか容易でなく、
受講生からも「難しいね」「手間がかかるね」と
声が出ました。

下図づくり、地塗り、念紙づくり。。。
ようやく、下図をボードに写しはじめました。
日本画教室のようす
日本画教室のようす 絵の具づくりから教わります。
水干絵の具も、にかわも
さわるのは初めてです。

秋の作品展には
初めての日本画作品が
並ぶでしょうか。
こうみんかんtopへ
加茂ふれ愛セミナー第2講                     h14.6.29(土)
地球村講演のようす 山形県おいたま地球村代表の橋本聡さんを講師に迎え、「美しい地球をこどもたちに」と題して講演を行いました。

ゴミ、ダイオキシン、地球温暖化など、
豊富な資料で、切実な内容も、わかりやすくお話いただきました。

ゴミ減量の4原則として(4R)
 
refuse(やめる)reduce(減らす)
 reuse(再利用)recycle(再資源化)

があり、最も大事なのは「やめる」こと。
日本は、欧州諸国も見切りをつけたリサイクルしか法制化されていない、ときつい指摘もありました。

栄養失調も末期になると、お尻の穴から内蔵が
出ないようにふたをするそうです。右は、その写真です。日本にこんな子がいるでしょうか。

日本人が食べている牛2頭育てるに、この子どもたちが1年間に食べるとうもろこしと同じだけ飼料を使います。

色々考えさせられるお話でした。

また、若宮中学校から、環境問題をテーマに学習している中学生も受講してくれました。
地球村講演会スライド写真
こうみんかんtopへ
家庭教育指導者研修会                      h14.6.30(日)
家庭教育指導者研修会のようす 公民館と加茂市育団連の共催で
家庭教育指導者研修会2002第一弾
「グループリーダーとしてみんながリラックスできる技を磨こう!」と題してレクリエーションの講習会を行いました。

受講生は、育団連役員、サークルのリーダーなど18名。

日本レクリエーション協会レクリエーションコーディネーターの曽根千恵子先生から、
アイスブレーキングについてお話いただき、実際に先生から緊張を解いていただきながら講習が進みました。
隣に座った方とのコミュニケーション、
手を動かして、リラックスを誘う方法、
講習会などで自分が大勢の前で話す時のポイントなど、実際に色々な場面で使えるテクニックを教えていただきました。

家庭教育指導者研修会のようす
みんなで協力してやるゲームは、
チームワーク、リーダーのまとめる力、など
色々な要素がうまくかみ合わないと上手くいきません。
3時間の講習でしたが、参加者のみなさん色々な「技」を身に付けて帰られたようです。

今年度第2弾、第3弾と指導者研修会を企画する予定です。
こうみんかんtopへ
初心者洋画教室
洋画教室のようす 5月から10月まで
加茂美術協会洋画部門の先生方の
全面的な協力で行いました。
初めて油絵の具にふれる人、
久しぶりに絵筆を取る人、
それぞれに対して、先生方から指導が
ありました。
講座終了後は、有志数人が集まり、
小林綾子先生を指導者に
session03というサークルを結成。
月2回土曜日の午前中に活動中です。

洋画教室のようす
こうみんかんtopへ
家庭教育指導者研修会                      h14.12.15(日)
今年度家庭教育指導者研修会第2回目は、
「体験・冒険」を通して「心の安全」を保ち
人との関わり方を学ぶ手法を体験。

自分のつくっている「壁」を取り払って
人と接する難しさ、楽しさを体感しました。

育成会担当の方が、妙高で
プロジェクトアドベンチャーを体験してきたことから、今回の講座につながりました。
指導は「自由人」杉山もいちさん。
アイスブレイクから一歩進んだ関係の
築き方の「さわり」を教えていただきました。
来年度も、この回の続きを!と
計画中です。

左は、「ヘリウムスティック」指で支える
だけで、みんなで下まで下ろします。
なぜか、上がるんです!ほんの些細な
心遣いで簡単にできるんですけどね。

こうみんかんtopへ
         
家庭教育かるかも隊「お買い物ゲーム」           h15.3.2(日)
「加茂大好き」な子どもをはぐくむ
家庭教育かるかも隊では、
ゴミ問題を考えるお買い物ゲームを行いました。
班に分かれて5人分のカレーの材料を買います。 一班に、1500円のお買い物券。
班でどうやって買うか作戦を立てて
「上手な買い物」をします。


実は「上手な買い物」にも、色々な視点があるということに気づいてもらいたくてこのゲームをしました。
安さ、新鮮さ、、、ゴミ、環境。
班毎に買った材料の中にゴミがどのくらい含まれているか、実際に計算したりしながら考えます。

そして、生活学校の馬場道子先生からご指導いただき、ゴミ、環境問題のお話を聞きます。

右の写真は、「どうやったらゴミを減らせるか」考えているところ。参加者全員で真剣にやりましたよ!

仕上げに、生活学校の皆さんお手製のカレーを頂いて勉強のしめくくりとしました。
とても美味しかった!!

洗い物の汚れと手間を省いて、参加者のみなさんからは、弁当箱にご飯をつめて持参してもらいました!
省エネは環境にもやさしいよ!

なお、実施にあたり、
沖縄リサイクル運動市民の会から
いろいろご指導いただきました!
ありがとうございました。

http://www.ryucom.ne.jp/users/kuru2
こうみんかんtopへ
        
2003エコランフェスティバル           h15.3.23(日)
エコランポスター 青年セミナーで平成6年まで
11回実施していた「エコラン」
この度、スタッフの頑張りで復活!8年ぶりの実施となりました。

まずは、ポスター作り。
日産の協力で、新型Zと撮影。
チラシ、ポスターもスタッフの手作りです。


←ポスター、チラシ図案

ポスター写真撮影会
日産のスタッフと一緒に→
写真撮影会。日産のスタッフと。
エコランとは…本来は省エネ走行のことですが、加茂のエコランは、自己申告燃費と、実燃費との差で競います。「燃費を知って省エネ走行!」

コースは全160km。加茂〜佐潟〜出雲崎〜加茂。参加者はコマ図により走行するので、行き先はわかりません。
ワクワク!
スタッフのようす スタートのようす
うさぎと一緒に。第1チェックポイントにて

第1チェックポイントにはうさぎ出現。
チェックポイントでは、通過チェックと
クイズがありました。
「佐潟がラムサール条約指定受けたのは
いつ??
参加者スナップ
カップルで、家族で、19組のみなさんが1日楽しみました!
優勝者には宿泊券が贈られました。提供からの豪華賞品もたくさん。
優勝者の燃費誤差は0.21。一番走った車はリッター31km!!
スタッフの皆さん、ほんとにお疲れ様でした!!
こうみんかんtopへ